内田昭弘

家族をつくる喜びを伝える不妊治療のプロ

内田昭弘(うちだあきひろ)

親になる喜びを一人でも多くの方と分かち合いたい

内田昭弘 うちだあきひろ

多様な選択肢からご自身の意思で治療を選べるよう情報提供します。

 松江市浜乃木にある「内田クリニック」は、婦人科外来の専門病院です。院長の内田昭弘さんは1997年、35歳で開業して以来、不妊で悩むカップルのために生殖医療に打ち込んできました。

内田クリニックでは、初診の患者さんに不妊治療に関する詳しい資料を有料提供しているほか、不妊治療に関する選択肢を治療前に知ってもらうため、同院が定期開催している「妊活セミナー」に参加してもらいます。このセミナーは、不妊の基礎情報から具体的な治療法まで、不妊治療の全容を3回にわたって学べるものです。

 医療の進歩によって不妊治療は多様化し、タイミング療法、排卵誘発剤、人工授精、体外受精など、多くの選択肢があります。しかし、医療ではフォローできない加齢による卵子の質の低下で妊娠がかなわないケースも少なくありません。「残念ながら妊娠にはリミットがあります。一方ですべてを理解したうえで治療法を決める患者さんは少なく、体外受精と聞いただけで拒否反応を持たれる方も多いのが現状です。限られた時間の中で後悔しないよう、正確な知識を基に、お二人でどの治療をいつまでやるのかを決めてほしいのです。」とセミナー開催の経緯を語ります。

 正しい知識を得たうえで、ご夫婦の意思を一つにして治療に臨むため、内田さんはシート3枚にもわたる予診票を男女それぞれに記入してもらい、希望する診療内容や治療への不安などを時間をかけて話し合います。最終的な治療法の選択は、ご夫婦自身にしかできません。内田クリニックはお二人の考え方に寄り添い、できる限りの治療を行います。

内田昭弘プロに相談してみよう!

ページトップへ