寺本健太郎

人と組織を最適化する人事・労務管理のプロ

寺本健太郎(てらもとけんたろう)

『個人』と『組織』の“かけはし”となり、地域のみらい創りに貢献

寺本健太郎 てらもとけんたろう

様々な職業経験を活かして、地域の企業とそこで働く人たちを支えたい

 水郷松江。のどかな大橋川沿いのビルの1階にTERAMOTO社会保険労務士法人があります。2016年5月、これまで個人事業として営んできた社会保険労務士事務所を組織変更し、「企業の人事・労務に関する様々なニーズにお答えしたい。」と法人化されました。
代表を務めるのは、寺本健太郎さん。学生時代、寺本さんは周りの同級生が進学や就職を決める中、スタイリストを目指して19歳で上京。出版・TV業界のスタイリストとして働きながらも、20代半ばを迎えた頃、業界独特の文化・慣習に疑問を感じ、キャリアの転換を決意。自分自身と向き合うために日本を離れて数か月間ヨーロッパを旅しました。
様々な文化や価値観に触れ、帰国後はこれまでの経験と人脈を活かし技術サービス業・出版広告業界から流通・小売業界へ転職。大手書店に勤務し、そこで仕入れ・企画など店舗運営を任され、経営にも興味を持つようになりました。その後、ベンチャー系コンサルティング会社への転職を経て松江にUターン。社会保険労務士として開業していた父親・和男さんの仕事に触れ、社会保険労務士の仕事を知ることになったのです。
 寺本さん自身、社会保険労務士といえば、社会保険や給与計算などの事務手続き代行のイメージを持っていたのですが、それらの業務だけでなく、企業にとって最も大切な経営資源である「人」に関わる支援が社会保険労務士の大きな役割だと気づき、社会保険労務士として地元の企業に貢献したいと思うようになりました。
 先代の下で経験を積み、2011年11月に社会保険労務士の資格を取得した寺本さん。2014年4月には、寺本労務管理事務所の所長に就任しました。「難しい法律や制度を分かりやすく伝えるなど、労務管理に感性を加えたい」「労使がより良い信頼関係を築けるようサポートしたい」これまでの様々な経験や感性が社会保険労務士としての仕事の幅を広げてくれそうです。

寺本健太郎プロに相談してみよう!

ページトップへ