石川昭弘

ローコスト住宅のプロ

石川昭弘(いしかわあきひろ)

低価格・高品質の戸建て住宅で、家づくりの夢をお手伝いします

リハウスふるーる・石川明弘氏昭弘 いしかわあきひろ

徹底した経費削減でローコストを実現

 島根県出雲市の中心街、渡橋町にオフィスを構える「リハウスふるーる株式会社」は、戸建て住宅の建設を行っています。代表取締役の石川昭弘さんが会社を創業したのは2012年4月。歴史は浅いものの、低価格帯のいわゆる「ローコスト住宅」の提案で着実に施工実績を伸ばし、特に30代を中心とする若い世帯から大きな注目を集めています。

 石川さんは大学の建築学科を卒業後、出雲市内の総合建設会社に勤務し、住宅設計を担当していました。不況の流れの中、社内でも公共工事から一般の戸建て住宅へとターゲットが移行していきましたが、経費削減には限界があり、結果として販売価格が上がってしまう現実に直面。「家を建てたいのに建てられない人が増えている。なんとか力になれないだろうか」と考えた石川さんは、「洋館家」という会社と出会います。

 
 「洋館家」は全国に70の代理店を持つ住宅メーカーで、本社は栃木県にあります。その大きな特長は「ローコスト」にあり、戸建て住宅の販売価格は3LDKで900万円台から。ローンを組んでも賃貸の家賃と同等の金額で返済が可能です。ローコストの仕組みを知るため、石川さんは実際に栃木まで出かけて自分の目で確かめました。住宅に使用される木材は良品質で、キッチンやシステムバスといった設備も大手メーカーのもの。それらの材料を一括で現金仕入れするために安く提供できること、企画住宅であるために無駄が少ないこと、図面がすでに出来上がっているので打ち合わせ等の時間も短縮でき、コスト削減につながることなどが分かり、「これはきっと島根のお客さまにも喜んでもらえるに違いない」と確信し、施工代理店として創業しました。

石川昭弘プロに相談してみよう!

ページトップへ