コラム

 公開日: 2016-09-02  最終更新日: 2016-10-17

■「庇」の話し〔意匠コラボ〕

昔の家は「軒」の長い、そして窓には「庇」のついた家が多かった。 特にこの山陰ではそれが見受けられます。
雨の少ない山陽側では、軒も無いコストも安い「四角い立方体」の家で十分でしたが、ここ最近は変わってきました。

冬場に太陽の熱取り入れて、それを利用する「パッシブハス」と言う考え方です。
ドイツでは認定制度があり、それ取得すれば、住宅のリフォームの場合、補助金も出るし、金利も安くなります。
住宅以外のアパートでも「建物の燃費計算書」を付けなければ新築や中古の販売が出来ないようです。

住宅のリフォームこそが、「地場産業の活性化」そして「地方の発展」つながる、必須条件だそうです。
そのためには「大学で林業」を学ばせ「山」に入ってもらう人材から育てていました。

ドイツの樹木は、60年経たなければ用材とはならないそうですが、日本では30年と言われています。
だからこそ木材を大切にし、樹冠や枝に至るまで無駄にしない「バイオマス発電」が普及するのだと思います。

「庇」に戻りますが、夏は太陽高度が高いので、「庇や軒」が有効に働き、直射日光を遮ります。
しかし冬は太陽高度が低いので「太陽光」を室内に取り入れることが出来ます。それが「パッシブハウス」です。
(夏の東西面は樹木や御簾、外付けブラインドが有効です)

そんな考えの家が増えれば、温暖化防止に貢献できるのでは!!


http://www.mochida-de-passive.com/blog/

この記事を書いたプロ

有限会社持田建築 [ホームページ]

建築家 持田稔樹

島根県出雲市鹿園寺町234-3 [地図]
TEL:0853-69-1154

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
安心・安全のために、丁寧な仕事をしています

光熱費を抑えた省エネ建築「パッシブハウス」を提案しています(1/3)

 出雲市鹿園寺町にある㈲持田建築は、出雲市や松江市を中心に住宅の新築・リフォームを手掛けている工務店です。 代表取締役社長の持田稔樹さんは、一級建築士・省エネ建築診断士など多くの資格を持ち、長年この世界に携わっている建築のプロ。 これまでに...

持田稔樹プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

丁寧な仕事を心掛け、あなたの大切な家づくりをサポートします

事務所名 : 有限会社持田建築
住所 : 島根県出雲市鹿園寺町234-3 [地図]
TEL : 0853-69-1154

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0853-69-1154

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

持田稔樹(もちだとしき)

有限会社持田建築

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
■バリアフリー改修はお早めに!
イメージ

皆さん、バリアフリー改修は後で良いと思っていませんか?①自分は若いと思っているのでまだ早い。②電化住宅に...

■田舎へ行こう■№3
イメージ

今日はプランヒアリング。 イメージ分のかる箇条書きリストや持込み家具リストをお願いしたところ、  それ...

■田舎へ行こう■№2
イメージ

今日は、FPの実施。 返済計画を入念に検討中。  無理なく返済できる人生設計は?   今後年金...

■田舎へ行こう■№1
イメージ

新しい住まいの地上40mからは、宍道湖の西岸が見えます。 探し当てた終の棲家は「静か」で「小学校へも近く」...

「一畑山コテージ」東棟浴室リニューアル
イメージ

㈲持田建築ホームページです。https://www.mochida-de-passive.com/blog/2020/

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ