コラム一覧

1件~15件(42件)

過去の15件

■「古い家はなぜ寒い?」③

イメージ

屋内対流?空気は暖かくなると上に上がり、冷たい空気は下に溜まります。このことで、大きな家は対流が始まり、室内が均一になりにくいし、対流により風が発生し寒くなります。また、室内を暖房すればするほど、廊下など温度差が発生し、隙間風が発生します。対処方法は、間仕切らことです... 続きを読む

2017-03-03

■「古い家はなぜ寒い?」②

イメージ

原因はどこでしょう? ガラスが冷たいんです。下記の「wikipedia」の表の熱伝導率で、ガラスが1.0wmkで、水が0.6、木材が0.2、羊毛が0.5、断熱材といわれる発泡ポリスチレンが0.03、さらに密閉空気は0.024wmkとさらに小さくなっています。昔の家は、外皮が「窓」で解放されています。見... 続きを読む

2017-03-01

■「古い家はなぜ寒い?」①

イメージ

古いタイルのお風呂は極めて寒い。あたりまえですよね… 裸ですから。原因はタイル下地がCB(コンクリートブロック)で作られ、断熱性能が全く無いからです。というか昔は、雨風がしのげるだけでもいい方だと思われていた時代だと思います。断熱など言い出したのは、オイルショック後ですので、日... 続きを読む

2017-02-17

■「冬季の生コン養生は特に注意を! ❷」

イメージ

基礎の生コンクリートを打ち込み、3日後に棟上げしてませんか?気温が下がると、生コンは硬化が遅くなりますので、十分養生をしてから棟上げをしましょう。この表では、気温が4℃の場合、3日目では、15%程度しか強度が出ていないようです。(7日目→35%ぐらい)また、23℃の場合でも3日目では... 続きを読む

2017-02-02

■「設定温度より±2℃!」

イメージ

「だん暖⌂20」リフォームバージョン〔㋐20㎝〕の場合ですが、エアコン温度設定「17.0℃」でしたが、上下差が約±2℃となりました。↓エアコンの吹き出し温度は 26.3℃を表示ていたので、吹き抜けの高いところは 19.5℃になっています。断熱性が低く、室内温度が低い時には、温風が体に当た... 続きを読む

2017-01-24

■「便座の温度が!」

イメージ

すみません、こんな話で。。。気温が物凄く下がったので事務所のトイレの温度を測ってみました。ここは外気に接した外便所で室温は 3.1℃、便座の設定温度「高」で、測定温度は 35.8℃を示していました。もったいないはなしですね。 でも、先日停電のあと、うっかり座ったら、飛び上がってし... 続きを読む

2017-01-21

■明けましておめでとうございます。

イメージ

本年もよろしくお願いします。初詣は3日に出雲大社に参拝しました。本年は、ワンポイントアドバイスをアップしたいと思いますので、ぜひご覧ください。 続きを読む

2017-01-05

■ワンポイントアドバイス❶

イメージ

2階のトイレの音が気になりませんか?それを防ぐには色々な方法があります。①配管から音がしない様に「保温材を巻」いて、音を消す方法。②1階の天井裏を音が駆け巡るのを防ぐために「中間防音床」を設置する。  この方法は比較的工事費が安く、2階床の音漏れも防げるので有効です。... 続きを読む

2016-12-24

■一畑山コテージ

イメージ

今日は一畑山コテージの点検に来ました。最近は、インバウンドの効果があるようで、外国人のかたの予約が増えたそうです。それにしても、良い眺めです。㈲持田建築HPhttps://www.mochida-de-passive.com/case/ 続きを読む

2016-12-24

■ご来場有難うございました

イメージ

「知っておきたい住まい講座」にご来場有難うございました。アンケートを見させていただくと、毎日の仕事(住宅)として「高気密高断熱」や「パッシブハウス」を語ってはいますが、まだまだ認知度は低いことを痛感いたしました。この山陰は、寒いイメージが有りますが、出雲や松江には2000m... 続きを読む

2016-12-08

■■■2部 エコ時代の住まい「省エネ住宅とパッシブハウス」

イメージ

2016年12月4日(日)、くにびきメッセにて講師を務めます。約20年前からの省エネ住宅に関わった実績をもとに、最近の住宅の進歩が分かる講演を考えています。皆さまの健康と快適さに加え、多発する地震に関して「お得で安心」な家づくりについてお話します。FAX 又は メールにて お... 続きを読む

2016-12-02

■■知っておきたい住まい講座

イメージ

2016年12月4日(日)、くにびきメッセにて講師を務めます。約20年前からの省エネ住宅に関わった実績をもとに、最近の住宅の進歩が分かる講演を考えています。皆さまの健康と快適さに加え、多発する地震に関して「お得で安心」な家づくりについてお話します。FAX 又は メールにて お... 続きを読む

2016-11-16

■「House de Organic in 山鹿市」

イメージ

House de Organic の勉強会で 熊本県の山鹿市に行きました。益城町からは30kmぐらい離れているので、地震の被害はほとんど見られませんでした。新築建物見学!熊本は暖かいのかな思っていたら、思いのほか寒く、高断熱の建物が必要だと思いました... 続きを読む

2016-11-16

■熊本、益城町の震災状況。

イメージ

益城町の震災復興は、まだまだでした。↑益城町の庁舎です。↑庁舎の渡廊下が今にも落ちそうです。↑東西に揺れて、この建物の外見は無事のようです。↑擁壁も無残に。↑家は水平を保っていましたが、擁壁を飛び出していました。  「擁壁崩壊... 続きを読む

2016-11-15

■「パッシブハウスジャパン中国支部勉強会」

イメージ

今回は、11月12日(土)の国際パッシブハウス・オープンデーに合わせ、「パッシブハウスジャパン中国支部勉強会」に参加しました。クラモク様の中国地方初のパッシブハウス認定申請をされた建物を見学し、特徴や創意工夫を見ました。今回は高価な輸入物は使わず、国内品で安価に作れ、メンテナ... 続きを読む

2016-11-14

1件~15件(42件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
安心・安全のために、丁寧な仕事をしています

光熱費を抑えた省エネ建築「パッシブハウス」を提案しています(1/3)

 出雲市鹿園寺町にある㈲持田建築は、出雲市や松江市を中心に住宅の新築・リフォームを手掛けている工務店です。 代表取締役社長の持田稔樹さんは、一級建築士・省エネ建築診断士など多くの資格を持ち、長年この世界に携わっている建築のプロ。 これまでに...

持田稔樹プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

丁寧な仕事を心掛け、あなたの大切な家づくりをサポートします

事務所名 : 有限会社持田建築
住所 : 島根県出雲市鹿園寺町234-3 [地図]
TEL : 0853-69-1154

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0853-69-1154

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

持田稔樹(もちだとしき)

有限会社持田建築

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
■バリアフリー改修はお早めに!
イメージ

皆さん、バリアフリー改修は後で良いと思っていませんか?①自分は若いと思っているのでまだ早い。②電化住宅に...

■「古い家はなぜ寒い?」③
イメージ

屋内対流?空気は暖かくなると上に上がり、冷たい空気は下に溜まります。このことで、大きな家は対流が始まり...

■「古い家はなぜ寒い?」②
イメージ

原因はどこでしょう? ガラスが冷たいんです。下記の「wikipedia」の表の熱伝導率で、ガラスが1.0wmkで、水が...

■「古い家はなぜ寒い?」①
イメージ

古いタイルのお風呂は極めて寒い。あたりまえですよね… 裸ですから。原因はタイル下地がCB(コンクリートブロック)...

■「冬季の生コン養生は特に注意を! ❷」
イメージ

基礎の生コンクリートを打ち込み、3日後に棟上げしてませんか?気温が下がると、生コンは硬化が遅くなりますので...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ