プロTOP:田中俊夫プロのご紹介

山陰の知的財産の発掘、活用のお手伝いをしたい(1/3)

田中俊夫 たなかとしお

お客さまに最適な知財戦略を提案

 「山陰地方の産業の発展のためには、山陰ブランドの確立、強化が欠かせません。そのために、地域に眠る知的財産に関して多くの方々が意識を持ち、有効活用しなくてはいけません。10年以上の実務経験で培った知識、ノウハウを全て投入し、全力で支援します」と話すのは鳥取県米子市の「パートリア国際特許事務所」所長で弁理士の田中俊夫さん。クールな風ぼうに似合わぬ熱っぽい口調です。2015年7月、故郷である米子に事務所を設立、すでに鳥取大学や米子市内の企業から依頼を受け、手応えを感じています。
 発明者やクリエーターに代わって特許権や実用新案権、意匠権、商標権を取得するのが弁理士の主な仕事です。まず、お客さまの話に耳を傾け、考えを正しくくみ取るのが田中さんの仕事の流儀。コミュニケーションを通して信頼関係を築き、親身になって事業の成長、発展を支援できるよう心がけています。お客さまに最適な知財戦略を提案するために、自己研鑽も怠りません。
 特に、知的財産に関わる各種調査に力を入れています。他者の特許出願などを調べることで、直近の技術動向を把握することができると共に、自社の技術開発の方向性の策定や自社製品やサービスの強み(独自性)の把握に役立てることができます。コンプライアンスを徹底し企業の信用を守るためには、自社の製品・サービスが他者が保有する特許権などに抵触していないかを調べる必要があります。更に、特許出願や商標出願をするにあたりコストを抑え確実に権利化を目指すためには、出願前調査が重要です。「今や事業発展のためには知的財産調査は欠かせません。お客さまの事業にとって最適な費用対効果を考え、お客さまごとに最適なコストで高品質の調査を提供致します」と話します。

<次ページへ続く>

【次ページ】 権利化後もサポートします

田中俊夫プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

実務経験を活かし、お客さまの知財活動を親身にサポートします

事務所名 : パートリア国際特許事務所
住所 : 鳥取県米子市西倉吉町57 (米子オフィス) [地図]
TEL : 0859-21-0812

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0859-21-0812

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中俊夫(たなかとしお)

パートリア国際特許事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
山陰地方における知財活動について(その5)-知財情報の有効活用2-

前回のコラムで、中小企業における「知的財産」の創造活動では、焦点を絞ること(選択と集中)が重要となり、その...

[ 山陰地方における知財活動について ]

商号・屋号・ハウスマーク・ドメイン名の使用に関する裁判例の紹介-「モンシュシュ」商標裁判について

今回は、「モンシュシュ事件」と呼ばれる商標に関する裁判例について紹介したいと思います。本事件は、人気の...

[ 事例のご紹介 ]

山陰地方における知財活動について(その4)-知財情報の有効活用-

 山陰地方を本拠地とされている事業者(敬称略でいきます)のほとんどは中小企業者・小規模企業者(以降、中小企...

[ 山陰地方における知財活動について ]

山陰地方における知財活動について(その3)-知財と意味的価値-

今回は、知的財産と「意味的価値」との関係について記載してみたいと思います。少し長くなり過ぎた感があります...

[ 山陰地方における知財活動について ]

パロディー商標に関する裁判例の紹介-「フランク三浦」商標裁判について

 登録商標「フランク三浦」が無効か否かについて争われた事件について、最高裁判所が上告を退け、無効とした特許...

[ 事例のご紹介 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ