コラム

 公開日: 2012-02-10  最終更新日: 2014-06-03

虫太郎の伝言板 ⑬

虫の文化史(虫偏の虫)⑬
―人と虫が奏でる文化―

薬になる?虫①

「民間療法の歴史」

「薬になると考えられてきた虫」について。

民間療法の中にはかなり怪しいものもあります。
また逆に、あとになって科学的に裏付けられるものも少なくありません。

「真田虫」

「真田虫」はお腹の寄生虫です。
江戸時代には「真田虫の駆除には真田虫の黒焼きが効く」という説がありました。
昔の中国の、「毒を以て毒を制す」という薬学思想が伺えます。
しかし、怪しいところです。

「ミミズ」

江戸時代に、ミミズは別名「地竜」(ちりゅう)、つまり、地面の竜と言われ、解熱剤として利用されました。これは、ミミズを乾かしたもので、スープにして飲んだようです。
松尾芭蕉も、「ミミズ湯に過ぎたるはなし」と書き残しています。
松尾芭蕉の証言なら、効きそうです。

「コガネ虫」

中国の話ですが、幼虫の汁は目薬に、潰したものは塗ると外傷が癒えるとされます。
最近、コガネ虫のフェロモンに強い抗菌活性があることがわかってきました。
雑菌の多い場所で育つ虫には、殺菌物質を持つものが多いのです。
コガネ虫の汁が眼病や外傷に効くのは、案外当たりかも知れません。
ただし、汁を絞る前に、コガネムシの体は洗った方が良さそうです。

「カミキリ虫」

カミキリ虫の中でも、柳の木に食い入る、「ゴマダラカミキリ」です。
江戸時代には、子供の‘癇(かん)の虫’の薬とされて、行商人もいました。
焙(あぶ)って、食べさせたそうです。

癇の虫というのは、子供の神経過敏で、夜に寝付かなかったり、激しく泣いたりする症状です。
子供の夜泣きには、「冬虫夏草」も有名です。これは、(冬は虫、夏は草)という意味で、実は土の中の昆虫に寄生したキノコ、つまり‘ムシの死骸付きキノコ’のことです。
希少価値が高いので、中国では、今でも高価な漢方薬として流通しています。



(虫に生えた「キノコ」)
つづく

この記事を書いたプロ

株式会社コダマサイエンス [ホームページ]

職人 小幡大介

島根県松江市西嫁島2丁目8-23 [地図]
TEL:0852-43-0852

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
コダマサイエンス・小幡大介氏

家を長く持たせるには、定期的な点検とメンテナンスが不可欠です(1/3)

 「木造住宅に欠かせない腐朽やシロアリ対策は、薬剤処理だけでなく、引き金となる湿気の原因を突き止め、取り除く技術が大切です。住宅を長持ちさせるために、お客様に適切な管理をアドバイスしていきたいですね」 山陰両県で長年、シロアリ駆除を手掛...

小幡大介プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

会社名 : 株式会社コダマサイエンス
住所 : 島根県松江市西嫁島2丁目8-23 [地図]
TEL : 0852-43-0852

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0852-43-0852

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小幡大介(おばたたいすけ)

株式会社コダマサイエンス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
虫太郎のひとり言【怖いもの見たさ】

虫太郎のひとり言【怖いもの見たさ】「怖いもの見たさ」。この衝動は決して拭えません。だから私は、ヘビ関...

虫太郎のひとり言【恐怖と自由】

虫太郎のひとり言【恐怖と自由】(「」三島由紀夫エッセイより) 「理論的に説明のつく正当な恐怖で、人間に...

虫太郎のひとりごと 【克服のための努力】

【克服のための努力】正当な怖さの理由がないのなら、「ヘビの恐怖」を克服しようと試みたこともありました。...

虫太郎のひとりごと 【なぜヘビが怖いのか】

《なぜヘビが怖いのか》 「なぜヘビが怖いのか?」と人に聞かれたら、仕方なしに、私はこう答えます。「シンプ...

虫太郎のひとりごと 【英雄に見るヘビ嫌い】

《英雄に見るヘビ嫌い》ヘビ嫌いにとっては、英雄や偉人が同じ弱みを持っていることは、何故か大変に心強いこと...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ