コラム

 公開日: 2011-03-03 

人と虫との関わり学(2)


人文虫学(私的分類学)
―人と虫との関わり学(2)―

人間の文化と虫の関係

 人間にとって虫との自然な関係は、「食べる」、「見る」、「聴く」ことにあると思われます。
「迷惑する」、「怖がる」などは、むしろ後発的で不自然な関係でしょう。
人は虫を食べて命をはぐくみ、虫の姿を見て遊び、虫の音を愛でて情緒を養い
世代をつないで来たとも言えるのです。
農耕文化という一品種多量生産で、特定の虫が大量発生するようになって、また、
ごく僅かの種類の虫が疫病の媒介に関与することが解明されて、文明社会は、
過剰なまでに文化(心)とともに虫を敬遠することになります。


虫を食べること

虫が嫌いな人は否定的かも知れません、しかし今でも世界の各地でご馳走として
虫が扱われている習慣がある以上、農耕文化以前は我々の祖先も虫を蛋白源の一つとして
採取していたと考えるほうが自然です。
ちなみに、タイでは「タガメ」はご馳走で他の虫よりも高価です。
食べるとカメムシの香りと味がしますが、それが美味しさの秘密です。
野菜でいえば、中国では香菜(こうさい)、東南アジアではパクチー、
欧米ではコリアンダーと呼ばれる野菜の味です。
コリアンダーはラテン語でコリス=カメムシの意味です。
ソースの原料として使われ、香水にも使われるから、美味しい味なのでしょう。


虫を見ること遊ぶこと

どこの国の子供達でも、虫は遊び道具の一つです。
虫が少ない日本の都会の環境でもカブトムシやクワガタは依然子供達の人気者です。
電池やリモコンなしで彼らは自分から動きます。
科学や技術では到底できない、よく出来た遊び道具として直感しているのかも知れません。
そんな子供達もいつしか商業的な遊び道具へと興味の対象が移って行き、
ついには買える物だけを欲しがる大人になって行きます。

「虫屋」と呼ばれる人達は、疫学的(統計的)に見れば、俗人の成長過程に組み込まれなかった
一種の変わり者ですが、草木一本・細胞一つ作れない科学技術の産物に
興味を奪われなかった点では、ハイソサエティーに違いありません。

 コダマサイエンス/小幡 大介

この記事を書いたプロ

株式会社コダマサイエンス [ホームページ]

職人 小幡大介

島根県松江市西嫁島2丁目8-23 [地図]
TEL:0852-43-0852

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
コダマサイエンス・小幡大介氏

家を長く持たせるには、定期的な点検とメンテナンスが不可欠です(1/3)

 「木造住宅に欠かせない腐朽やシロアリ対策は、薬剤処理だけでなく、引き金となる湿気の原因を突き止め、取り除く技術が大切です。住宅を長持ちさせるために、お客様に適切な管理をアドバイスしていきたいですね」 山陰両県で長年、シロアリ駆除を手掛...

小幡大介プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

会社名 : 株式会社コダマサイエンス
住所 : 島根県松江市西嫁島2丁目8-23 [地図]
TEL : 0852-43-0852

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0852-43-0852

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小幡大介(おばたたいすけ)

株式会社コダマサイエンス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
虫太郎のひとり言【怖いもの見たさ】

虫太郎のひとり言【怖いもの見たさ】「怖いもの見たさ」。この衝動は決して拭えません。だから私は、ヘビ関...

虫太郎のひとり言【恐怖と自由】

虫太郎のひとり言【恐怖と自由】(「」三島由紀夫エッセイより) 「理論的に説明のつく正当な恐怖で、人間に...

虫太郎のひとりごと 【克服のための努力】

【克服のための努力】正当な怖さの理由がないのなら、「ヘビの恐怖」を克服しようと試みたこともありました。...

虫太郎のひとりごと 【なぜヘビが怖いのか】

《なぜヘビが怖いのか》 「なぜヘビが怖いのか?」と人に聞かれたら、仕方なしに、私はこう答えます。「シンプ...

虫太郎のひとりごと 【英雄に見るヘビ嫌い】

《英雄に見るヘビ嫌い》ヘビ嫌いにとっては、英雄や偉人が同じ弱みを持っていることは、何故か大変に心強いこと...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ