コラム

 公開日: 2011-02-17 

「シロアリ」/「虫」たちと上手く付き合うには。


皆さん、こんにちは。

虫を防除していく上では、虫たちの生態を知ることも大切ですね。
虫との付き合い方、関わりなどをコラムで紹介していけたらと思います。
よろしくお願いします。


「シロアリ」とは

シロアリは「生きた化石」、「地下の住人」と言われます。
3億年も前から地球に存在し、地中を主なフィールドとして生活するからです。土壌昆虫の発生のルーツとしては、生物の大先輩です。
北緯(南緯)50度以内の世界中に約2,700種類が生活し、多くは枯れ木や朽木など木質繊維を食べます。「アリ」と呼ばれていますが、実はゴキブリに近い昆虫です。


「階級性社会生活」を営む

集団はすべて、女王・王の直系親族で、王族、兵隊、労働者の階級に分かれ、役割に応じた社会生活を営みます。
女王・王は産卵に専念し、兵隊(兵蟻)は警戒と交戦にあたり、労働者(職蟻)は食料の調達や家事全般を行い、王族は女王・王になるため「羽アリ」となって飛び立ち、子孫を増やします。


どこでも見つかる「シロアリ」

皆さんは、シロアリを見たことがありますか?
その気になれば、近くですぐに見つけることが出来るでしょう。たとえば、空き地の木杭(くい)、枯れ木の根元、朽ちた踏み板などを割ってみると、容易に見つかります。
地表に姿を現さないだけで、実はどこにでも居るのです。


建物は「お菓子の家」

木材が大好物のシロアリから見れば、住宅はまさに「お菓子で造った家」と同じです。美味しい上に、豊富な食糧、雨風がしのげ暖かい環境。目の前(上)に、無料のレストランがあるのと同じでしょう。


「シロアリ予防」は必然策

旺盛な食欲と繁殖力で3億年を生き抜いてきたシロアリが暮らす地面。その上に美味しい材料で作られた建物が存在する以上、建物の保全にとって、シロアリの予防対策は必然的といえるでしょう。


 コダマサイエンス/小幡 大介

この記事を書いたプロ

株式会社コダマサイエンス [ホームページ]

職人 小幡大介

島根県松江市西嫁島2丁目8-23 [地図]
TEL:0852-43-0852

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
コダマサイエンス・小幡大介氏

家を長く持たせるには、定期的な点検とメンテナンスが不可欠です(1/3)

 「木造住宅に欠かせない腐朽やシロアリ対策は、薬剤処理だけでなく、引き金となる湿気の原因を突き止め、取り除く技術が大切です。住宅を長持ちさせるために、お客様に適切な管理をアドバイスしていきたいですね」 山陰両県で長年、シロアリ駆除を手掛...

小幡大介プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

会社名 : 株式会社コダマサイエンス
住所 : 島根県松江市西嫁島2丁目8-23 [地図]
TEL : 0852-43-0852

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0852-43-0852

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小幡大介(おばたたいすけ)

株式会社コダマサイエンス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
虫太郎のひとり言【怖いもの見たさ】

虫太郎のひとり言【怖いもの見たさ】「怖いもの見たさ」。この衝動は決して拭えません。だから私は、ヘビ関...

虫太郎のひとり言【恐怖と自由】

虫太郎のひとり言【恐怖と自由】(「」三島由紀夫エッセイより) 「理論的に説明のつく正当な恐怖で、人間に...

虫太郎のひとりごと 【克服のための努力】

【克服のための努力】正当な怖さの理由がないのなら、「ヘビの恐怖」を克服しようと試みたこともありました。...

虫太郎のひとりごと 【なぜヘビが怖いのか】

《なぜヘビが怖いのか》 「なぜヘビが怖いのか?」と人に聞かれたら、仕方なしに、私はこう答えます。「シンプ...

虫太郎のひとりごと 【英雄に見るヘビ嫌い】

《英雄に見るヘビ嫌い》ヘビ嫌いにとっては、英雄や偉人が同じ弱みを持っていることは、何故か大変に心強いこと...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ