コラム

 公開日: 2012-08-20  最終更新日: 2014-06-03

虫太郎の伝言板 ⑲

虫の文化史(虫偏の虫)⑲
―人と虫が奏でる文化―

日本人とトンボ

 昔から日本人は、何かと「トンボ」を意識してきたようです。
他の国と比べると、日本とトンボとの関係は半端ではありません。結論から言えば、「トンボは日本を代表する虫」といえます。

トンボの国

日本の別名を、「秋津島」といいます。これは、「トンボの国」という意味です。
神武天皇の歌で、「この国は蜻蛉(あけつ)のようだ」というのがあります。蜻蛉とは、古代の言葉で「トンボ」の呼び名です。後に、「大和」の枕詞(まくらことば)として「あきつ」が使われ、日本の別名「秋津島」になってゆきます。つまり、日本は、「トンボの島」なのです。「秋津島」という表現は、戦前まではよく使われ、軍艦の名前にもあったくらいです。

トンボの幼虫は「ヤゴ」です。 ヤゴは水の中で暮らします。
水が豊かな水田地帯。その稲穂の上を飛ぶトンボ。豊作を連想させたのかも知れません。



(稲穂に停まるトンボ)

「勝利の虫」トンボ

トンボの語源は、「アキツ」から「トンボ」に変化したわけですが、これには諸説あります。
「飛ぶ羽(はね)」とか「飛ぶ棒(ぼう)」が、トンボに変化した。
「田んぼ」が変化したという説もあります。

トンボにはもう一つ、「勝虫(かつむし)」という呼び名があります。勝利の虫という意味で、武士はトンボを勝利の象徴と見做しました。矢を収める箙(えびら)とか、武具の装飾に、トンボは好んで使われました。一直線に、矢のように飛ぶからでしょう。

また、あの黒くて繊細な「ハグロトンボ」、これは神仏のお使いです。「カミサマトンボ」とか「ホトケトンボ」と呼ばれます。
「トンボを愛する国民」です。

哀しい句「蜻蛉つり」

「蜻蛉(トンボ)つり 今日はどこまで行ったやら」
この句は、加賀千代女の作とされますが、子供の遊びを詠んだ歌ではありません。この句は、前置きがとても重要で、「わが子を失いける時」とあります。
愛児の死の悲しみを詠んだ歌です。そうすると、「どこまで」は「あの世」であり、「トンボ」は
「あの世への案内役」なのかも知れません。

つづく

この記事を書いたプロ

株式会社コダマサイエンス [ホームページ]

職人 小幡大介

島根県松江市西嫁島2丁目8-23 [地図]
TEL:0852-43-0852

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
コダマサイエンス・小幡大介氏

家を長く持たせるには、定期的な点検とメンテナンスが不可欠です(1/3)

 「木造住宅に欠かせない腐朽やシロアリ対策は、薬剤処理だけでなく、引き金となる湿気の原因を突き止め、取り除く技術が大切です。住宅を長持ちさせるために、お客様に適切な管理をアドバイスしていきたいですね」 山陰両県で長年、シロアリ駆除を手掛...

小幡大介プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

会社名 : 株式会社コダマサイエンス
住所 : 島根県松江市西嫁島2丁目8-23 [地図]
TEL : 0852-43-0852

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0852-43-0852

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小幡大介(おばたたいすけ)

株式会社コダマサイエンス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
虫太郎のひとり言【怖いもの見たさ】

虫太郎のひとり言【怖いもの見たさ】「怖いもの見たさ」。この衝動は決して拭えません。だから私は、ヘビ関...

虫太郎のひとり言【恐怖と自由】

虫太郎のひとり言【恐怖と自由】(「」三島由紀夫エッセイより) 「理論的に説明のつく正当な恐怖で、人間に...

虫太郎のひとりごと 【克服のための努力】

【克服のための努力】正当な怖さの理由がないのなら、「ヘビの恐怖」を克服しようと試みたこともありました。...

虫太郎のひとりごと 【なぜヘビが怖いのか】

《なぜヘビが怖いのか》 「なぜヘビが怖いのか?」と人に聞かれたら、仕方なしに、私はこう答えます。「シンプ...

虫太郎のひとりごと 【英雄に見るヘビ嫌い】

《英雄に見るヘビ嫌い》ヘビ嫌いにとっては、英雄や偉人が同じ弱みを持っていることは、何故か大変に心強いこと...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ