コラム

 公開日: 2016-08-31 

★≪123≫コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学 8/31『紅茶チェーン店が無い理由?』

★紅茶チェーンが無い理由
珈琲雑学1231
■レストランや飛行機で食事をした後には「コーヒーと紅茶、どちらになさいますか?」と聞かれるくらいですから、多くの人の頭の中では、この両者は同列に位置するような存在と言えるでしょう。
けれども、身の回りをよく見てみてください。
ドトールやスターバックス、プロント、タリーズなど全国的にチェーン展開をしているコーヒーショップは数多く存在するのに対して、それと対抗するほど多くの店舗数を誇るティールームやティーサロンというのはないですよね。
コーヒーショップでは、紅茶のメニューも販売はしていますが、前面的に打ち出しているわけではありませんね。
また、外食としての喫茶業態ではなく、缶やペットボトルに入った飲料でも同じことが言えます。コーヒーの有名なブランドと言えば、「ジョージア」「ボス」「ファイア」「ワンダ」「ルーツ」「UCC」など頭にいろいろ浮かんでくるとは思いますが、紅茶ではどうですか? 「午後の紅茶」以外に、いくつもの銘柄をすぐに思いつくという人は少ないのではないでしょうか。
■コーヒーと紅茶は、似たような「嗜好飲料」と位置づけられているはずなのに、ビジネスの実態としての規模は大きく異なるようです。この違いは、一体どこから生まれるのでしょう?
1つには「中毒性」や「習慣性」が挙げられるように思われます。実際のカフェイン含有量に関しては諸説あるようですが、少なくとも私の知る範囲では「コーヒー中毒」の人はいても、「紅茶中毒」というのは聞いたことがありません。
このことは、味覚的な強さの違いに由来するのかもしれません。
■スターバックスなどのコーヒーショップで紅茶を頼んだ時には、お湯とティーバッグを渡されることが多いと思います。
支払った数百円の対価がお湯とティーバッグというその光景を見て、私は何とも言えない寂しい感覚を抱いてしまいます。
紅茶はコーヒーと比較した時に、中毒性や味覚的、視覚的な強さで劣っていると考えられます。
言い換えると・・・、紅茶は「パンチが弱い」のです。
そしてその総合的なパンチの弱さが、私たちに「お金を払う価値」を感じにくくさせているという側面があるのではないでしょうか。
珈琲雑学1233
■少し違う観点からも見てみましょう。
嗜好飲料と言うのは、それを飲んでいる「時間」の視点が欠かせません。コーヒーと紅茶を、そのような時間的観点で比較してみましょう。
コーヒーはボーッとしている意識を覚醒させたり、仕事や作業の合い間の休息を楽しんだりするために飲む印象が強いように思われます。
「リセット」や「スイッチ」という言葉が当てはまるような、比較的短い時間と相性がいいと言えます。
それに対して紅茶は、アフタヌーンティーという言葉もあるくらいで、よりゆったりした時間を過ごすイメージがあります。
「コーヒーブレイク」に対して、「ティータイム」と言えば、両者の違いが明確になるかもしれません。
時間に追われる現代人にとっては、紅茶を飲んで心豊かな時間を過ごすような余裕すら残されていないのかもしれないと考えてしまいますねええ~。
ではまた
珈琲雑学1232

この記事を書いたプロ

COFFEEカルチャーIKEDA

池田修

鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL:090-2639-8881

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
おしらせ
珈琲雑学1202

★★ 山陽新聞カルチャープラザ 津山教室 が開講します ★★来年2017年1月から、山陽新聞カルチャープラザ津山教室に講座:『コーヒーアート』が開講します。...

その他の講座紹介
ミニクリーマー

■ 講座内容:日経新聞『暮らしのワンポイント』で紹介した、ミニクリーマーで作るラテアートを講座で紹介し、ご自宅で簡単にカフェ気分を味わえる方法(秘伝)を提案し...

 
このプロの紹介記事
鳥取独自のモチーフを準備

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます(1/3)

エスプレッソに細かく泡立てたミルク(フォームドミルク)を注いで、模様や絵を描くコーヒーアート。鳥取市布勢でCOFFEEカルチャーIKEDAを開く主宰の池田修さんは、柔らかな手つきで、自在にミルクの泡を操る魔術師です。エスプレッソにミルクを注...

池田修プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます

事務所名 : COFFEEカルチャーIKEDA
住所 : 鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL : 090-2639-8881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2639-8881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池田修(いけだおさむ)

COFFEEカルチャーIKEDA

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
★221コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/8『雪印コーヒー 焦がしキャラメル風味』
イメージ

★ほろ苦い大人の味!「雪印コーヒー 焦がしキャラメル風味」が期間限定で発売雪印メグミルク株式会社は、2016 年...

[ 珈琲雑学 ]

★220コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/7『スティックコーヒーの比較』
イメージ

★スティックコーヒーのメーカー比較 スティックコーヒーの魅力は手軽で様々な味が楽しめることですね。私は...

[ 珈琲雑学 ]

★219コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/6『肥満防止のコーヒーの飲み方』
イメージ

★肥満が気になる人におすすめのコーヒーの飲み方肥満が気になる方はコーヒーの飲み方を一度見直してみましょう...

[ 珈琲雑学 ]

★218コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/5『カプチーノはなぜぬるい?』
イメージ

★カプチーノはなぜぬるい?カプチーノは、ふわふわミルクが魅力的なコーヒー飲料です。カフェのレギュラーメ...

[ 珈琲雑学 ]

★217コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/4『缶コーヒーのBOSS』
イメージ

★缶コーヒーBOSSBOSSコーヒーは、サントリーフーズの缶コーヒーブランドですね。パイプをくわえた男性のイラ...

[ 珈琲雑学 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ