コラム

 公開日: 2016-08-29 

★≪121≫コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学 8/29『缶コーヒーはスチール缶?』

★缶コーヒーといえばスチール缶ですが、どうしてアルミ缶ではないの?

■最近はコンビニで挽きたてで淹れたてのコーヒーが低価格で販売されていますが、
やはり缶コーヒーは廃れることはありません。
自動販売機でどこでも冷えたコーヒーや温かいコーヒーが買えるのは、ホントに便利ですからね。
缶コーヒーですけど、世の中にはアルミ缶とスチール缶なるものがありまして、
ビールなどはアルミ缶が多くて缶コーヒーはスチール缶がメイン。
どうして缶コーヒーはスチール缶なのか?
今回は、このことに触れておきましょう!!

■なんで缶コーヒーはスチール缶が多いのかその理由とは?
2014年までは缶コーヒーに使われている缶はスチールがメインだったと思います。
実は最近になりスチール缶からアルミ缶へと移行が始まっているのです。

■では、なぜ缶コーヒーにはスチール缶だったのでしょうか?
それにはミルク入の飲み物が関係していました。
というのも食中毒の原因菌であるボツリヌス菌が原因していたのです。
この菌がミルク入りの飲料水には混入する危険性があるということでアルミ缶を使わないよう規制されたのです。
スチール缶は菌が増えると缶が膨張しますから発見しやすいのです。
アルミ缶は強度的に弱いということで窒素ガスを入れて内圧を高めて強度を出します。
そのため菌が増殖しても膨らまないから見つけにくいんです。
■2014年から規制が変わりました。
ミルク入りの飲料水でも申請すれば使用ができるということになりました。
ミルク入りの飲料水の製造過程の品質管理が格段に上がったからです。
だからかつての缶が膨らんでから発見するという後出し的なものではなく製造過程で根絶可能になったのです。
そういうわけで缶コーヒーもアルミ缶に移行できるようになりましした。
■缶コーヒーのブラックは多くはアルミ缶でも良かったのでは?
食中毒の原因であるボツリヌス菌の危険性のあるのがミルク入りならミルクの入っていないブラックコーヒーはアルミでもいいということになりますね。
コーヒーといえば、最初に販売されたコーヒーがUCCのミルクコーヒーというくらい、
コーヒーというと砂糖やミルク入りがメインということもあり、ひっくるめてコーヒー飲料は、高温・高圧での殺菌が法律で定められていたのです。
その殺菌方法が中味を缶に入れてから高温で殺菌するというやり方なので、強度が必要なためスチールが使われてきたのです。
アルミ缶は強度的にスチールほど強くないのです。
そのために窒素ガスを入れていると、アルミ缶の場合中の圧力で容器の強度を保つ必要があったのです。
つまりビールやジュースなどの炭酸類は、炭酸により中から圧がかけることができますからアルミ缶でも使用できたのです。
炭酸飲料以外はスチール缶だったのです。
それが窒素ガスの登場でアルミ缶でも使用できるようになったのです。
その後規制が変わりブラックコーヒーからアルミ缶が登場し始めたのです。
またペットボトルも登場してその普及率が高まるものの、コーヒーに関しては規制上と強度の関係上スチール缶だったというわけです。
皆さんも、アルミ缶の缶コーヒーを探してみましょうね。
ではまた

この記事を書いたプロ

COFFEEカルチャーIKEDA

池田修

鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL:090-2639-8881

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
おしらせ
珈琲雑学1202

★★ 山陽新聞カルチャープラザ 津山教室 が開講します ★★来年2017年1月から、山陽新聞カルチャープラザ津山教室に講座:『コーヒーアート』が開講します。...

その他の講座紹介
ミニクリーマー

■ 講座内容:日経新聞『暮らしのワンポイント』で紹介した、ミニクリーマーで作るラテアートを講座で紹介し、ご自宅で簡単にカフェ気分を味わえる方法(秘伝)を提案し...

 
このプロの紹介記事
鳥取独自のモチーフを準備

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます(1/3)

エスプレッソに細かく泡立てたミルク(フォームドミルク)を注いで、模様や絵を描くコーヒーアート。鳥取市布勢でCOFFEEカルチャーIKEDAを開く主宰の池田修さんは、柔らかな手つきで、自在にミルクの泡を操る魔術師です。エスプレッソにミルクを注...

池田修プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます

事務所名 : COFFEEカルチャーIKEDA
住所 : 鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL : 090-2639-8881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2639-8881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池田修(いけだおさむ)

COFFEEカルチャーIKEDA

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
★293コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学2/21『ハワイのコーヒー産業』
イメージ

★ハワイのコーヒー産業ハワイで行われているコーヒー産業について見ていきましょう。コナ・コーヒーで有名な...

[ 珈琲雑学 ]

★292コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学2/20『インスタントコーヒーの効能』
イメージ

★インスタントコーヒーの効能・効果コーヒーがあまり身体によくない、と言われていたのは昔の話と思われるほ...

[ 珈琲雑学 ]

★291コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学2/19『タイ王国のコーヒーの注意点』
イメージ

★タイ王国のコーヒーで知っておきたい注意点タイの街中を歩いていると、そこら中にコーヒーの屋台やカフェが多...

[ 珈琲雑学 ]

★290コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学2/18『甘いものに合わせたいコーヒー』
イメージ

★甘いものに合わせたいおすすめのコーヒー甘いものとコーヒーは、これ以上ないほどピッタリな組み合わせですよ...

[ 珈琲雑学 ]

★289コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学2/17『コーヒーの成分について』
イメージ

★コーヒー豆の成分「クロロゲン酸」とはコーヒーの香りには、ストレスをやわらげたり眠気を飛ばす効果があるこ...

[ 珈琲雑学 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ