コラム

 公開日: 2016-08-12 

★≪104≫コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学 8/12『コーヒーメーカーの条件』

★昨今のコーヒーメーカーの機能条件
珈琲雑学1044
昨年の事ですが、通販生活の依頼で数台のコーヒーメーカーの評価をしたことがありました。
数年ごとに新聞や雑誌から依頼を受けるのですが、年々機能が充実してきました。
秋に向けて、コーヒーメーカーを買い替えたい方は必見です!
メーカー名を紹介したいところなのですが、ここでは敢えて伏せておきましょう。
今買うのであれば、このくらいの付加機能を持ち備えた機種をということで、最低の付加機能の条件を紹介していきたいと思います。
■『蒸らし機能』
特に『蒸らし機能』がほとんどの機器についており、各社が力を入れているのが伺えました。私もコーヒーについて勉強中のころ、コーヒー業界の大御所の下で数年間、また多くの講座を受講して抽出について勉強し、『蒸らし』がコーヒーを美味しくするカギであることを知らされ、各社も注目してきたのだなあと感じました。
『蒸らし』とは、簡単に言うと、抽出前にお湯によってコーヒーの組織をふやかすことですがふやかすことによって、コーヒーの成分が出やすい状態にします。
蒸らしをきちんとしないと成分が溶解されないままサーバーにお湯が落ちてしまうため、出来上がった珈琲の味が薄っぺらなものになってしまいます。
特にドリップ式の抽出において、この蒸らしの作業は大変重要です。
この蒸らしの過程で、コク、旨味、甘味の大部分がコーヒー粉の中からお湯の方に移動するようです。蒸らしの過程で、60~70%の成分が抽出されてしまうと考えて良いかも知れません。
ハンドドリップでは、お湯を粉の中央から、「の」の字を書くように入れます。乗せる気持ちでやさしく刺激を与えないように少しずつ入れます。
お湯の量は、粉をお湯の中に漬け込ませるのではなく、粉の組織と組織の間にお湯が入り込むくらいがちょうど良くサーバー(ポット)に液が落ちないように細心の注意を払うところです。
この蒸らしの工程が機械の中でされているため、ハンドドリップに近いのか判別できないのが残念でした。
特にサーバーに液が落ちないお湯の量なのかは、ガラスポットからステンレスポットにチェンジした会社が多く、判別できませんでした。
シャワーの口の様に、お湯を注ぐ機能を持った機器がありましたが、果たしてこれがハンドドリップの蒸らしの工程に近いものなのか判らず、この機能については機器にすべてお任せが現状ではないかと思います。
■『リムーバルタンク機能(着脱洗浄機能)』
数年前は、この機能は炊飯器メーカーしかありませんでした。炊飯器メーカーは主婦の希望に注目を置いて、早くからタンクからすべての部品が取り外して洗浄できるようにしたのです。特に機器を壁側にくっつけておいてしまうと、給水するときにこぼしてしまい、主婦は購入時点でまずこの機器を外してしまうという話をよく聞きました。
水垢やカルキを取り除いて、常に清潔を保つ機能は、現在当たり前になってきたのでしょう。特に炊飯器メーカーの機械は、必ず取り外せて洗えるのには、『さすが!』のひとことです。
■『オートオフ機能』
この機能も今では当たり前の機能になったのでしょう。やはり主婦の味方にどの会社も注目してきたのでしょう。
■『洗浄機能』
湯垢洗浄、浄水フイルター(99%カルキ除去)、沸騰浄水など、取り外せない部分の洗浄をする機能を持つ機器が増えてきました。これは故障を避ける機能で、数年後はこの機能が充実していくでしょう。
珈琲雑学1041
珈琲雑学1042
珈琲雑学1043
以上の機能をもとにして、量販店などで機種を選択してください!
きっと素晴らしい機械が見つかりますよ。
私が新卒の給料で家族のためにコーヒーメーカーを買って帰った時から数十年たった今、コーヒーメーカーは目まぐるしい進歩がありました。
各会社の研究部門の賜物といえるでしょう。数年後の新たなる進歩を期待したいと思います。  ではまた

この記事を書いたプロ

COFFEEカルチャーIKEDA

池田修

鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL:090-2639-8881

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
おしらせ
珈琲雑学1202

★★ 山陽新聞カルチャープラザ 津山教室 が開講します ★★来年2017年1月から、山陽新聞カルチャープラザ津山教室に講座:『コーヒーアート』が開講します。...

その他の講座紹介
ミニクリーマー

■ 講座内容:日経新聞『暮らしのワンポイント』で紹介した、ミニクリーマーで作るラテアートを講座で紹介し、ご自宅で簡単にカフェ気分を味わえる方法(秘伝)を提案し...

 
このプロの紹介記事
鳥取独自のモチーフを準備

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます(1/3)

エスプレッソに細かく泡立てたミルク(フォームドミルク)を注いで、模様や絵を描くコーヒーアート。鳥取市布勢でCOFFEEカルチャーIKEDAを開く主宰の池田修さんは、柔らかな手つきで、自在にミルクの泡を操る魔術師です。エスプレッソにミルクを注...

池田修プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます

事務所名 : COFFEEカルチャーIKEDA
住所 : 鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL : 090-2639-8881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2639-8881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池田修(いけだおさむ)

COFFEEカルチャーIKEDA

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
★218コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/5『カプチーノはなぜぬるい?』
イメージ

★カプチーノはなぜぬるい?カプチーノは、ふわふわミルクが魅力的なコーヒー飲料です。カフェのレギュラーメ...

[ 珈琲雑学 ]

★217コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/4『缶コーヒーのBOSS』
イメージ

★缶コーヒーBOSSBOSSコーヒーは、サントリーフーズの缶コーヒーブランドですね。パイプをくわえた男性のイラ...

[ 珈琲雑学 ]

★216コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/3『コーヒーと頭痛の関係!』
イメージ

★コーヒーと頭痛の関係 慢性的な偏頭痛に悩む方は多くいると思います。偏頭痛との付き合いが長い人の中には、...

[ 珈琲雑学 ]

★215コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/2『コーヒーとむくみの関係』
イメージ

★コーヒーとむくみの関係 仕事の合間や、一服したいときに飲んでいるコーヒー。むくみの原因にはコーヒーが...

[ 珈琲雑学 ]

★214コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/1『コーヒーで吐き気?』
イメージ

★コーヒーで吐き気が起きた時の原因と対処法 飲料としても、カフェインによる覚醒効果にしても私たちの生活に...

[ 珈琲雑学 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ