コラム

 公開日: 2016-08-11 

★≪103≫コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学 8/11『デカフェ って何?』

★『デカフェって何?』
珈琲雑学1033
コーヒーは飲みたいけど、妊娠中でカフェインが気になる、ずっとコーヒーは好きで飲んでいたけど、最近、カフェインの体調や健康への影響が気になる。
そんな方がとても増えているようですね。
アメリカやヨーロッパなどに比べると、日本で、デカフェのコーヒーが飲めるところは、まだまだ多くありませんし、デカフェって良く分からないという方も多いのではないでしょうか?
今回はデカフェについてご説明しましょう。
■『デカフェ(カフェインレス)』と『ノンカフェイン』の違い
珈琲雑学1032
デカフェ(カフェインレス)とノンカフェイン、同じようなものに思いますが、ノンカフェインは読んで字のごとく、カフェインがゼロという意味です。ですが、基本的に、厳密な意味でカフェインゼロのコーヒーは現状ありません。
極限までゼロに近くカフェインを除去したコーヒーという意味で、デカフェ(カフェインレス)コーヒーが普及しているのです。
日本には、明確な基準はないようですが、EUの基準によると、レギュラーコーヒーでカフェインの含有量が0.1%以下(インスタントコーヒーは0.3%以下)のものがデカフェという名称を使用することが出来ます。
■『デカフェ』にはどのような種類があるのでしょうか?
①溶剤抽出
コーヒー豆をカフェインの溶けだす溶剤につけて、カフェインを取り出す方法です。
カフェイン以外の成分も溶け出してしまう可能性が大きく、また、溶剤の健康への懸念もあるとされています(薬剤を使用したデカフェは日本では禁止されているようです)。
②水抽出(スイスウォーター式)
カフェインだけが溶け出すようにされた特殊な水の中に、コーヒー豆を漬けて、コーヒー豆からカフェインを取り出す方法です。
コーヒーの持つ風味も溶け出してしまう部分もありますが、水からカフェインを取り除いた後、この水の中に再度コーヒー豆を漬けるため、溶け出していた風味もコーヒー豆に戻っていくとされています。
他に比べてコーヒーの成分の損失が少ないのと、化学物質を使わないので、健康に問題がないのが利点です。国内でも、こうしたスイスウォーター式を採用したデカフェのコーヒーを販売しているサイトがありますね。
③超臨界二酸化炭素抽出
二酸化炭素を超臨界流体という、コーヒー豆への浸透と成分の抽出に効率の良い状態に変化させ、カフェインを抽出、取り出す方法です。
こちらも溶剤を使用しないため、健康に問題がないのと、成分の損失も抑えられるという利点がありますが、処理コストが高くなってしまうことが問題のようです。
どれもカフェインだけを除去するとは言っても、どうしても他の成分も少しは奪われてしまうようで、普通のコーヒーと比べると少し味の抜けた印象は否めないようです。
日本ではまだまだデカフェの需要が多くないため、デカフェに使用されるコーヒー豆自体の品質も良いものが少なく、おいしいデカフェのコーヒーがないという意見が多いように思います。
■『デカフェ』のコーヒーの代用品はないの?
コーヒーのカフェインを摂取したくない時に選択されるものとして、コーヒーの代用品とも言えるものたちがあります。たとえば、タンポポコーヒーなどは有名でしょう。
日本では戦時中、コーヒーに変わるものとして考え出されました。
そしてそれが現代になり、ただコーヒーの代用品としてではなく、カフェインを好まない人々の飲み物としてクローズアップされるようになりました。
これらはコーヒー豆ではないので、ほとんどが100%カフェインを含んでいません。  
ですので、カフェインが気になる方は、安心して飲めるかもしれません。
もちろんコーヒーではないので、コーヒーらしいものにはなってしまいますが、現在、手に入るデカフェのコーヒーよりはこちらのほうが好みと言う方も多いのではないかと思います。
では、ご紹介しましょう!
・タンポポコーヒー タンポポの根を煎ったもの
・チコリコーヒー チコリの根を煎ったもの(チコリは妊娠中にはあまり摂取しない方が良いとされているハーブの一種のようなので、妊娠中の方はお気をつけ下さい)
・大麦(オルゾ)コーヒー 大麦を煎ったもの
他にもドングリ、カボチャの種、ゴボウ、ジャガイモなどでも作られるようです。

いかがでしたか? 私には全く関係ないものですが・・・。
チャンスがあったらお試しくださいね。
珈琲雑学1031

ではまた

この記事を書いたプロ

COFFEEカルチャーIKEDA

池田修

鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL:090-2639-8881

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
おしらせ
珈琲雑学1202

★★ 山陽新聞カルチャープラザ 津山教室 が開講します ★★来年2017年1月から、山陽新聞カルチャープラザ津山教室に講座:『コーヒーアート』が開講します。...

その他の講座紹介
ミニクリーマー

■ 講座内容:日経新聞『暮らしのワンポイント』で紹介した、ミニクリーマーで作るラテアートを講座で紹介し、ご自宅で簡単にカフェ気分を味わえる方法(秘伝)を提案し...

 
このプロの紹介記事
鳥取独自のモチーフを準備

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます(1/3)

エスプレッソに細かく泡立てたミルク(フォームドミルク)を注いで、模様や絵を描くコーヒーアート。鳥取市布勢でCOFFEEカルチャーIKEDAを開く主宰の池田修さんは、柔らかな手つきで、自在にミルクの泡を操る魔術師です。エスプレッソにミルクを注...

池田修プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます

事務所名 : COFFEEカルチャーIKEDA
住所 : 鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL : 090-2639-8881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2639-8881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池田修(いけだおさむ)

COFFEEカルチャーIKEDA

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
★218コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/5『カプチーノはなぜぬるい?』
イメージ

★カプチーノはなぜぬるい?カプチーノは、ふわふわミルクが魅力的なコーヒー飲料です。カフェのレギュラーメ...

[ 珈琲雑学 ]

★217コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/4『缶コーヒーのBOSS』
イメージ

★缶コーヒーBOSSBOSSコーヒーは、サントリーフーズの缶コーヒーブランドですね。パイプをくわえた男性のイラ...

[ 珈琲雑学 ]

★216コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/3『コーヒーと頭痛の関係!』
イメージ

★コーヒーと頭痛の関係 慢性的な偏頭痛に悩む方は多くいると思います。偏頭痛との付き合いが長い人の中には、...

[ 珈琲雑学 ]

★215コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/2『コーヒーとむくみの関係』
イメージ

★コーヒーとむくみの関係 仕事の合間や、一服したいときに飲んでいるコーヒー。むくみの原因にはコーヒーが...

[ 珈琲雑学 ]

★214コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/1『コーヒーで吐き気?』
イメージ

★コーヒーで吐き気が起きた時の原因と対処法 飲料としても、カフェインによる覚醒効果にしても私たちの生活に...

[ 珈琲雑学 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ