コラム

 公開日: 2016-08-05 

★≪97≫コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学 8/5『航空会社のコーヒー?』

★航空会社の国内線普通席、機内サービスの「コーヒー」は、どうして味はこんなに違うのか?
この夏、皆さんは旅行で飛行機を利用される方もいらっしゃいますね。
今回は、航空会社のコーヒーについて、お話をしましょう!
珈琲雑学97!
■飛行機に乗るたびにコーヒーをオーダーし、味を楽しんでいます。
1990年代までは各社ともドリップコーヒーを出すのが常識でしたが、2000年代に入り機内サービスが簡略化されるとともにインスタントが増え始め、味はかなり落ちてきました。転機が訪れたのが2012年で、LCCが低価格の運賃と引き替えに機内サービスを有料提供したからか、レガシーキャリアが差別化のために無料の機内コーヒーの品質を上げ始めたのです。
■最近、JALにもANAにも乗りましたが、機内サービスのコーヒーの味は残念なまま変わっていないように感じられます。
ANAは2012年6月に国内線普通席にドリップコーヒーを復活させると宣言しましたが、全ての便ではないようで、インスタントの様ですね。JALと甲乙つけがたい残念な味です。
有料でコーヒーを提供しているのがスカイマーク(100円)、ジェットスター・ジャパン(200円)、ピーチ(200円)、エアアジア・ジャパン(250円)です。これら各社のコーヒーを飲んだところ、全てインスタントであることは感じられましたが、味はまともなほうです。
その理由は、これらの4社は有料サービスであるがゆえに、1杯1杯淹れることができるという点にあるような気がします。
インスタントコーヒーであっても、粉と湯の量を正確に量って淹れればそれなりの味がでるものです。

■スカイマークのコーヒー
4社の間にも味の差はあります。
スカイマークがいちばんきちんとしていて、次がジェットスター、ピーチ、最後がエアアジア。値段の順番と逆です。
この味の差が、コーヒーの粉の差か、お湯をきちんと図って淹れているかどうかの差なのかはわかりません。ちなみに、これらのうちピーチとエアアジア・ジャパンは、どちらも「ネスカフェゴールドブレンド」で、ジェットスター・ジャパンが「UCC THE BLEND 114」です。スカイマークは明記していません。

■JALとANAのコーヒーは、これらLCCより明らかに味が落ちます。
どうしてそんなに味が違うのでしょうか。
その理由は、やはり淹れ方にあるように思えます。JALもANAもワゴンサービスでドリンクを提供しますので、インスタントコーヒーの粉をポットの中に大量に入れて、大量のお湯で溶かす、という方式を採っているようです。
この方式が、コーヒーを不味くしているのではないかと思います。

逆に、ドリップできちんとした味のコーヒーを提供している航空会社もあります。筆頭格がスターフライヤーで、タリーズコーヒーによるオリジナルブレンドのドリップコーヒー。タリーズブランドを付けているだけあって、味はしっかりとしています。文句なく1位のコーヒーといえます。

■エアドゥは、サッポロ珈琲館による「AIR DOオリジナルブレンド」のドリップコーヒー。町の普通の喫茶店でも出てくるようなきちんとしたコーヒーです。ソラシドエアは「こだわりの本格コーヒー」というドリップコーヒー。「GoodInsideアートオータムブレンド」という名称です。

■フジドリームエアラインズがカルディコーヒーファームの本格コーヒーとトミヤコーヒーの「太陽と大地のブレンド」、アイベックスエアラインズがUCCと共同開発した「IBEX ORIGINAL BLEND」を提供しています。

こうしてみると、機内サービスのコーヒーは、無料のブランドコーヒーと、有料のインスタントコーヒーに二極化しているようにみえますね。
一番運賃の高い大手航空会社のコーヒーが一番美味しいのかと思ってしまいそうですが、実態はそうではありませんね。
ではまた
珈琲雑学97

この記事を書いたプロ

COFFEEカルチャーIKEDA

池田修

鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL:090-2639-8881

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
おしらせ
珈琲雑学1202

★★ 山陽新聞カルチャープラザ 津山教室 が開講します ★★来年2017年1月から、山陽新聞カルチャープラザ津山教室に講座:『コーヒーアート』が開講します。...

その他の講座紹介
ミニクリーマー

■ 講座内容:日経新聞『暮らしのワンポイント』で紹介した、ミニクリーマーで作るラテアートを講座で紹介し、ご自宅で簡単にカフェ気分を味わえる方法(秘伝)を提案し...

 
このプロの紹介記事
鳥取独自のモチーフを準備

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます(1/3)

エスプレッソに細かく泡立てたミルク(フォームドミルク)を注いで、模様や絵を描くコーヒーアート。鳥取市布勢でCOFFEEカルチャーIKEDAを開く主宰の池田修さんは、柔らかな手つきで、自在にミルクの泡を操る魔術師です。エスプレッソにミルクを注...

池田修プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます

事務所名 : COFFEEカルチャーIKEDA
住所 : 鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL : 090-2639-8881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2639-8881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池田修(いけだおさむ)

COFFEEカルチャーIKEDA

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
★218コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/5『カプチーノはなぜぬるい?』
イメージ

★カプチーノはなぜぬるい?カプチーノは、ふわふわミルクが魅力的なコーヒー飲料です。カフェのレギュラーメ...

[ 珈琲雑学 ]

★217コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/4『缶コーヒーのBOSS』
イメージ

★缶コーヒーBOSSBOSSコーヒーは、サントリーフーズの缶コーヒーブランドですね。パイプをくわえた男性のイラ...

[ 珈琲雑学 ]

★216コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/3『コーヒーと頭痛の関係!』
イメージ

★コーヒーと頭痛の関係 慢性的な偏頭痛に悩む方は多くいると思います。偏頭痛との付き合いが長い人の中には、...

[ 珈琲雑学 ]

★215コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/2『コーヒーとむくみの関係』
イメージ

★コーヒーとむくみの関係 仕事の合間や、一服したいときに飲んでいるコーヒー。むくみの原因にはコーヒーが...

[ 珈琲雑学 ]

★214コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/1『コーヒーで吐き気?』
イメージ

★コーヒーで吐き気が起きた時の原因と対処法 飲料としても、カフェインによる覚醒効果にしても私たちの生活に...

[ 珈琲雑学 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ