コラム

 公開日: 2016-07-20 

★≪81≫コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学 7/20 『コーヒーと小説』

★コーヒーと小説
コーヒーをテーマにした小説は、ほとんどありませんね。
コーヒーをテーマにというよりか、わき役にした、そんな小説が多いです。
舞台設定は当然のことながら、『カフェ』!
そうですよねえ~。淹れ方を事細かに説明していたら『How to』 ものになってしまいますから・・・・・。
私の好きな小説を数点ご紹介しましょうね。週末にいかがですか?
コーヒー雑学81
■・『コーヒーブルース』 小路幸也
内容: 常連も事件もこの店にやって来る。
1991年、北千住の洋館を改装した喫茶店<弓島珈琲>。カウンターは、店主の僕(弓島大)と元女子プロレスラー、丹下さんの二人で切り盛りしている。
近所の高校生の純也や、町内防犯安全委員会会長の苅田さんなどが常連客だ。そして、警視庁刑事の三栖さんもその一人。僕は5年前、麻薬絡みで事故死した恋人、夏乃に関する事件に巻き込まれたことがあった。僕も夏乃も当時は同じ広告代理店に勤めていて、信頼できる仕事仲間でもあったが、ことは麻薬事件ということもあり、あらぬ疑いをかけられた。三栖さんのおかげで無実は証明されたが、それを契機に僕は会社をやめ、自宅洋館を改装して、<弓島珈琲>を開くことにしたのだった。
■・『Cafeドアーズと秘密のノート』 本島修司
内容: アメリカの田舎町で長年営業を続ける「cafeドアーズ」。
両隣を大手チェーンに挟まれているにも関わらず、その日も大繁盛のドアーズに、チナスキーと名乗る荒んだ風体の男が訪れた。
「働かせて欲しい」というチナスキーを、店主のブランカは受け入れた。
それから間もなく、チナスキーは大きな不思議と直面する。
─決して安くない。流行りのメニューを出しているわけでもない。それなのになぜ─
そしてある日、ブランカに問いかける。
─なあブランカ、どうしてこの店はこんなに客が入っているんだ。
ブランカは、金庫から取り出した一冊の古びたノートをチナスキーに見せた。
「その秘密は、このノートに全て書いてあるんじゃよ」
ドアーズの持つ秘密に惹かれはじめたチナスキー。
彼がドアーズで学んだ「店舗運営の極意」とは…。
■・『カフェ・コッペリア』 菅浩江
内容: 人間とAIの混合スタッフが、おいしい珈琲とともに恋愛相談に乗ってくれるカフェ・コッペリア。客のひとりが恋してしまったのは果たしてAIだったのか?―理想の恋に惑う若者たちを描いた表題作、アロマペットを手に入れたOLのせつない日常「リラランラビラン」、最先端美容室のヘアケア技術が招いた意外な顛末「エクステ効果」ほか、すこし未来のささやかで切実な人間模様をつづる七篇。『永遠の森 博物館惑星』『五人姉妹』につづく最新作品集。
■・『ヴァン・ゴッホ・カフェ』 シンシア・ライラント
内容: カンザス州フラワーズの町の元劇場だった建物の片隅にあるヴァン・ゴッホ・
カフェに次々と起こる魔法の日々。
かつて劇場だったヴァン・ゴッホ・カフェに訪れた90歳くらいのハンサムな
老人。彼は古い映画好きでカフェの店主のマークが出演作を全て観たことのあ
る往年の映画スターだった。そして彼は劇場だった頃に出演したことがあり、
その時に出会った親友に会いに来たというのだが、その親友は一向に現れな
い・・・という第5話「スター」が一番印象的だった。
他の話も、ほのぼのとしていて、読んでいて心が穏やかになるようなものばか
り。魔法といっても、そんな大げさなものじゃないし、魔法使いも登場しない。
ハラハラドキドキするようなどんでん返しもないけれど、それがいいの
基本的には子供向けだが、大人でも十分楽しめる内容の本。
「愛犬、大歓迎」のヴァン・ゴッホ・カフェでコーヒーでも。
■・『ブラック・コーヒー』 アガサ・クリスティ
内容: 高名な科学者エイモリー卿の邸宅の金庫から極秘書類が盗まれた。卿は名探偵エルキュール・ポアロを呼び寄せる一方で、邸内にいた容疑者全員を集め、書類の返却を迫る。だが…劇作家としても高い評価を得ているクリスティーが、初めて手掛けたオリジナル戯曲「ブラック・コーヒー」と、幻の傑作「評決」を収録。
私の印象的だった小説をご紹介しましたが、いかがでしょう!
機会があれば、コーヒーと映画についてもご紹介しましょう。
ではまた
珈琲雑学81

この記事を書いたプロ

COFFEEカルチャーIKEDA

池田修

鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL:090-2639-8881

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
おしらせ
珈琲雑学1202

★★ 山陽新聞カルチャープラザ 津山教室 が開講します ★★来年2017年1月から、山陽新聞カルチャープラザ津山教室に講座:『コーヒーアート』が開講します。...

その他の講座紹介
ミニクリーマー

■ 講座内容:日経新聞『暮らしのワンポイント』で紹介した、ミニクリーマーで作るラテアートを講座で紹介し、ご自宅で簡単にカフェ気分を味わえる方法(秘伝)を提案し...

 
このプロの紹介記事
鳥取独自のモチーフを準備

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます(1/3)

エスプレッソに細かく泡立てたミルク(フォームドミルク)を注いで、模様や絵を描くコーヒーアート。鳥取市布勢でCOFFEEカルチャーIKEDAを開く主宰の池田修さんは、柔らかな手つきで、自在にミルクの泡を操る魔術師です。エスプレッソにミルクを注...

池田修プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます

事務所名 : COFFEEカルチャーIKEDA
住所 : 鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL : 090-2639-8881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2639-8881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池田修(いけだおさむ)

COFFEEカルチャーIKEDA

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
★220コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/7『スティックコーヒーの比較』
イメージ

★スティックコーヒーのメーカー比較 スティックコーヒーの魅力は手軽で様々な味が楽しめることですね。私は...

[ 珈琲雑学 ]

★219コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/6『肥満防止のコーヒーの飲み方』
イメージ

★肥満が気になる人におすすめのコーヒーの飲み方肥満が気になる方はコーヒーの飲み方を一度見直してみましょう...

[ 珈琲雑学 ]

★218コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/5『カプチーノはなぜぬるい?』
イメージ

★カプチーノはなぜぬるい?カプチーノは、ふわふわミルクが魅力的なコーヒー飲料です。カフェのレギュラーメ...

[ 珈琲雑学 ]

★217コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/4『缶コーヒーのBOSS』
イメージ

★缶コーヒーBOSSBOSSコーヒーは、サントリーフーズの缶コーヒーブランドですね。パイプをくわえた男性のイラ...

[ 珈琲雑学 ]

★216コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/3『コーヒーと頭痛の関係!』
イメージ

★コーヒーと頭痛の関係 慢性的な偏頭痛に悩む方は多くいると思います。偏頭痛との付き合いが長い人の中には、...

[ 珈琲雑学 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ