コラム

 公開日: 2016-07-10 

★≪71≫コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学 7/10 『メリタ婦人の愛とは』

★ペーパーフィルターはメリタ夫人の愛から生まれました
ドリッパーといえば、メリタ、カリタ、コーノ、ハリオが代表的ですが、そのメリタのドリッパーにはこんな話があります!
今回は、このお話です。(皆さんは、メリタのドリッパーをご存知ですか?あのドリッパーの底の穴が小さな1つ穴のものです。
ちょっと淹れ方が難しいかもしれませんね。焦るとすぐ目づまりしてしまうので、ちょっと大変です)

珈琲雑学71

■メリタ夫人の想い
20世紀初頭のこと・・・、
「もっと手軽においしいコーヒーをいれて、最愛の夫に飲ませてあげたい。」
メリタ夫人はそう想いました・・・
メリタと言うと、コーヒー器具のメーカーを思い出されると思います。
そのコーヒー器具メーカー・メリタの歴史は、コーヒーの歴史でもあります。
夫を愛する夫人の想いから生まれた、ペーパードリップ方は今、あなたにおいしいコーヒーを淹れてくれます。
ペーパードリップは1908年、メリタ・ベンツ夫人により発案されました。
■ペーパードリップコーヒーの歴史
現在、コーヒーファンの間では当たり前の存在であるペーパードリップシステム(ろ紙でコーヒー粉をこしてコーヒーを抽出する方式)は、1908年、ドイツの一都市ドレスデンに住むメリタ・ベンツ夫人によって発明されました。
当時、家庭でのコーヒー抽出は布や金網によるもので、手間がかかる上に不衛生であったり、粉がカップに入ってしまったりと、「誰でも手軽においしいコーヒー」というわけにはいきませんでした。
「もっと手軽においしいコーヒーをいれて、最愛の夫に飲ませてあげたい。」
── 夫を想う深い愛情から、メリタ夫人は小さな穴をいくつか開けた真鍮製の容器
(後のフィルター)に1枚のろ紙とコーヒー粉をのせ、お湯を注ぐ方法を考え出しました。
この方法なら、コーヒー粉がカップに入ることもなく、ゴミ捨ても簡単。
しかも余計な雑味をろ紙が吸うので味もおいしくなったのです。
これが、世界で最初のペーパー・ドリップシステムの誕生です。

同じ年、このメリタ夫人のアイデアだけが資本の会社「M.Benz」が設立されました。
アパートの一室に設けられた事務所で、たった4名で生産を営業と行い、小さなストアなどでペーパードリップシステムを紹介していくうちに、評判は瞬く間にドイツ全土に拡がりました。
1912年には本格的な生産を始め、発注に生産が追いつかなくなったメリタは、現在の工場があるドイツ北西の待ち、ミンデンに移転します。
たった一人の女性がはじめたビジネスが、世界規模の会社へと成長をはじめたのです。

彼女の情熱は息子のホルスト・ベンツに引き継がれました。
もっと使いやすいシステムにならないかと改良に挑んだ彼は、現在のような円錐形で溝の付いたフィルターとペーパーを完成させ、1937年、ドイツで特許を取得します。
ホルスト・ベンツが最初に開発したフィルターの抽出口には8つの穴が開いていました。
8つ穴のフィルターでつくるコーヒーの味に満足しなかった彼は、フィルター内でのお湯の流れやコーヒー抽出メカニズムの研究を繰り返し行い、フィルターの形状はもちろん、傾斜角度から溝の数など丹念に検討を重ねて、1960年代に現在の1つ穴フィルターを生み出しました。
以来、ペーパードリップシステムの理想型としてメリタに引き継がれています。
いかがですか?
この愛!うらやましい限りですね!!  ではまた

珈琲雑学71!

この記事を書いたプロ

COFFEEカルチャーIKEDA

池田修

鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL:090-2639-8881

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
おしらせ
珈琲雑学1202

★★ 山陽新聞カルチャープラザ 津山教室 が開講します ★★来年2017年1月から、山陽新聞カルチャープラザ津山教室に講座:『コーヒーアート』が開講します。...

その他の講座紹介
ミニクリーマー

■ 講座内容:日経新聞『暮らしのワンポイント』で紹介した、ミニクリーマーで作るラテアートを講座で紹介し、ご自宅で簡単にカフェ気分を味わえる方法(秘伝)を提案し...

 
このプロの紹介記事
鳥取独自のモチーフを準備

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます(1/3)

エスプレッソに細かく泡立てたミルク(フォームドミルク)を注いで、模様や絵を描くコーヒーアート。鳥取市布勢でCOFFEEカルチャーIKEDAを開く主宰の池田修さんは、柔らかな手つきで、自在にミルクの泡を操る魔術師です。エスプレッソにミルクを注...

池田修プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます

事務所名 : COFFEEカルチャーIKEDA
住所 : 鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL : 090-2639-8881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2639-8881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池田修(いけだおさむ)

COFFEEカルチャーIKEDA

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
★220コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/7『スティックコーヒーの比較』
イメージ

★スティックコーヒーのメーカー比較 スティックコーヒーの魅力は手軽で様々な味が楽しめることですね。私は...

[ 珈琲雑学 ]

★219コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/6『肥満防止のコーヒーの飲み方』
イメージ

★肥満が気になる人におすすめのコーヒーの飲み方肥満が気になる方はコーヒーの飲み方を一度見直してみましょう...

[ 珈琲雑学 ]

★218コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/5『カプチーノはなぜぬるい?』
イメージ

★カプチーノはなぜぬるい?カプチーノは、ふわふわミルクが魅力的なコーヒー飲料です。カフェのレギュラーメ...

[ 珈琲雑学 ]

★217コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/4『缶コーヒーのBOSS』
イメージ

★缶コーヒーBOSSBOSSコーヒーは、サントリーフーズの缶コーヒーブランドですね。パイプをくわえた男性のイラ...

[ 珈琲雑学 ]

★216コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学12/3『コーヒーと頭痛の関係!』
イメージ

★コーヒーと頭痛の関係 慢性的な偏頭痛に悩む方は多くいると思います。偏頭痛との付き合いが長い人の中には、...

[ 珈琲雑学 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ