コラム

 公開日: 2016-06-12 

★≪43≫コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学【6/12】  『コーヒー粉を蒸らす!』

★蒸らしとは?
コーヒー粉の表面を湯で湿らせて、しばらく置く状態のことです。主に、ペーパードリップやネルドリップで抽出し始める時に行います。 でも、早くコーヒーを飲みたいのに何でわざわざ蒸らすのでしょう?
今回は、このことをお話しましょう。

珈琲雑学43

■コーヒーを蒸らす! それは・・・・、
1)全体を均一に湿らせることで、偏った湯の通り道を作らず、均一に抽出できるようになるため。
しっかり均一に蒸らすことができれば、抽出時に真ん中にだけお湯を注いでも、ちゃんと全体から抽出されます。
2)コーヒー粉が湿ることで膨張し、湯に触れる面積が増え、更に湯が浸透しやすくなって成分がしっかりと抽出されるため。
抽出時間が短いと、軽くてコクのない薄っぺらな味わいに。逆に長すぎると、苦み・酸味が出過ぎてキツイ味わいになります。

■最適な蒸らし時間
では、どのくらい蒸らすと一番美味しいのでしょうか?
一般的に、
-----------------------------------------
蒸らし時間      味の特徴
-----------------------------------------
   0秒   軽くてコク・香りが少ない。
  30秒   コクと香りが出てくるが、やや軽め。
  60秒   コクと香りが出ていて、まろやかさと甘みあり。
  90秒   コクと香りが出ていて、苦み酸味がハッキリ。
 120秒   香りが少なく、味わいのバランスが崩れキツイ感じ。
-----------------------------------------
「1分前後」が一番味わいとして完成度が高いように感じました。
酸味・苦みのバランスも良く、それぞれの味が突出していません。
甘みも一番強く感じられました。 そして、まろやかな口当たりで、喉ごしも雑味が残りません。
あくまでも、美味しい豆を「より」美味しくする手段であり、マズイ豆が美味しく変身!・・・という訳ではありません。
ではまた

コーヒー雑学43!

この記事を書いたプロ

COFFEEカルチャーIKEDA

池田修

鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL:090-2639-8881

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
おしらせ
珈琲雑学1202

★★ 山陽新聞カルチャープラザ 津山教室 が開講します ★★来年2017年1月から、山陽新聞カルチャープラザ津山教室に講座:『コーヒーアート』が開講します。...

その他の講座紹介
ミニクリーマー

■ 講座内容:日経新聞『暮らしのワンポイント』で紹介した、ミニクリーマーで作るラテアートを講座で紹介し、ご自宅で簡単にカフェ気分を味わえる方法(秘伝)を提案し...

 
このプロの紹介記事
鳥取独自のモチーフを準備

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます(1/3)

エスプレッソに細かく泡立てたミルク(フォームドミルク)を注いで、模様や絵を描くコーヒーアート。鳥取市布勢でCOFFEEカルチャーIKEDAを開く主宰の池田修さんは、柔らかな手つきで、自在にミルクの泡を操る魔術師です。エスプレッソにミルクを注...

池田修プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます

事務所名 : COFFEEカルチャーIKEDA
住所 : 鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL : 090-2639-8881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2639-8881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池田修(いけだおさむ)

COFFEEカルチャーIKEDA

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
★299コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学2/27『オーストラリアのコーヒー文化』
イメージ

★オーストラリアのコーヒー文化とその特徴日本からの旅行客も多く馴染みの深い国オーストラリアは、独自のコー...

[ 珈琲雑学 ]

★298コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学2/26『日本のコーヒー栽培地』
イメージ

★日本のコーヒー産業と栽培地今回は、日本のコーヒー産業に関して見ていきましょう!!高緯度と温度の差が必...

[ 珈琲雑学 ]

★297コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学2/25『イギリスのコーヒー文化』
イメージ

★イギリスのコーヒー文化と特徴イギリスといえば紅茶というイメージが強いですが、実は歴史的にコーヒーと深...

[ 珈琲雑学 ]

★296コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学2/24『コーヒー牛乳とカフェオレ』
イメージ

★コーヒー牛乳とカフェオレの違いコーヒー牛乳とカフェオレ。私たちは“別のもの”としてこの二つを認識していま...

[ 珈琲雑学 ]

★295コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学2/23『インスタントコーヒーのすすめ時』
イメージ

★インスタントコーヒーはどんな時におすすめ?最近のインスタントコーヒーはクオリティーが高く、頻繁にコーヒ...

[ 珈琲雑学 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ