コラム

 公開日: 2016-05-29 

★≪28≫コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学【5/28】  『コーヒーとワイン②』

★今回も、『コーヒーとワインの美味しい関係』について第二弾をお話していきましょう。
コーヒーとワインを良くしらべてみたら、実によく似たことが判ってきました。

コーヒー雑学28


◆コーヒーベルトとワインベルト
『コーヒーベルト』というものを聞いたことがあると思います。
コーヒーベルトとは、赤道を挟んだ北緯25度、南緯25度までのコーヒー生産国が集中するエリアを示したもので、世界地図で見ると帯状になっていることからコーヒー『ベルト』と呼びます。 もちろんコーヒーの栽培に適した熱帯、亜熱帯の気候条件となるわけですが、同じくワインの原料となる葡萄に適した気候の帯があり、それを『ワインベルト』と言います。


ワインベルトは北緯南緯ではことなり、北緯30~50度、南緯は20~40度の範囲となります。 その帯の中にはフランスのボルドー地方やブルゴーニュ地方などが入り、近年では人気のあるカリフォルニア、オーストラリア、チリが入ってきています。
日本では山梨県の勝沼が北緯35度38分であり、葡萄栽培に大変適した気候と言えるでしょうね。
ではまた

珈琲雑学28!

この記事を書いたプロ

COFFEEカルチャーIKEDA

池田修

鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL:090-2639-8881

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
おしらせ
珈琲雑学1202

★★ 山陽新聞カルチャープラザ 津山教室 が開講します ★★来年2017年1月から、山陽新聞カルチャープラザ津山教室に講座:『コーヒーアート』が開講します。...

その他の講座紹介
ミニクリーマー

■ 講座内容:日経新聞『暮らしのワンポイント』で紹介した、ミニクリーマーで作るラテアートを講座で紹介し、ご自宅で簡単にカフェ気分を味わえる方法(秘伝)を提案し...

 
このプロの紹介記事
鳥取独自のモチーフを準備

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます(1/3)

エスプレッソに細かく泡立てたミルク(フォームドミルク)を注いで、模様や絵を描くコーヒーアート。鳥取市布勢でCOFFEEカルチャーIKEDAを開く主宰の池田修さんは、柔らかな手つきで、自在にミルクの泡を操る魔術師です。エスプレッソにミルクを注...

池田修プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます

事務所名 : COFFEEカルチャーIKEDA
住所 : 鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL : 090-2639-8881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2639-8881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池田修(いけだおさむ)

COFFEEカルチャーIKEDA

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
★300コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学2/28『コーヒーポリフェノールの効果』
イメージ

★コーヒーポリフェノールの効果とはポリフェノールと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?赤ワインに多く含...

[ 珈琲雑学 ]

★299コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学2/27『オーストラリアのコーヒー文化』
イメージ

★オーストラリアのコーヒー文化とその特徴日本からの旅行客も多く馴染みの深い国オーストラリアは、独自のコー...

[ 珈琲雑学 ]

★298コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学2/26『日本のコーヒー栽培地』
イメージ

★日本のコーヒー産業と栽培地今回は、日本のコーヒー産業に関して見ていきましょう!!高緯度と温度の差が必...

[ 珈琲雑学 ]

★297コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学2/25『イギリスのコーヒー文化』
イメージ

★イギリスのコーヒー文化と特徴イギリスといえば紅茶というイメージが強いですが、実は歴史的にコーヒーと深...

[ 珈琲雑学 ]

★296コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学2/24『コーヒー牛乳とカフェオレ』
イメージ

★コーヒー牛乳とカフェオレの違いコーヒー牛乳とカフェオレ。私たちは“別のもの”としてこの二つを認識していま...

[ 珈琲雑学 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ