コラム

 公開日: 2016-05-09 

■□■⑨コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学【5/9】■□■『アメリカンコーヒーって何?』

 正式名称は「アメリカン・ロースト・コーヒー」と言います。
皆さんの中には、「コーヒーのお湯割り」と理解されている方がいらっしゃるのではないですか。
カフェなどでもドリップしたコーヒーにお湯を足して出しているカフェもあるようですね。
実際には浅く焙煎したコーヒー豆を薄めに淹れるものなのです。
浅煎りのため苦味よりも酸味が強いのが特徴で、大きめのカップにたっぷり注ぎ、通常はブラックで味わいます。
アメリカンコーヒーは、第二次世界大戦後のアメリカで流行していたコーヒーの飲み方を日本で再現したものといわれています。
当時のアメリカでは、コーヒー豆は高価だったため、1日何杯も飲むアメリカ人は、少ない豆の量でもおいしく飲めるようにと浅煎りの豆を少量ほど使ってたっぷり淹れるのが一般的でした。



アメリカのコーヒーって、薄くてお湯を飲んでいるみたいと思われたことはありませんか?
それを見た日本人が、アメリカでは薄いコーヒーを飲むのだと勘違いし、日本に伝わったのでしょう。
思われる方はいらっしゃらないと思いますが・・・・、アメリカ原産のコーヒーではありません。
アメリカンコーヒーとは和製英語です。
日本でしか通じない名称ですのでアメリカでオーダーしないでくださいね。
アメリカで「ウィークコーヒー(weak coffee)」と呼ばれるものがアメリカンコーヒーに最も近いものでしょう。
皆さんも確かなカフェで、一度注文してみてください

この記事を書いたプロ

COFFEEカルチャーIKEDA

池田修

鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL:090-2639-8881

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
おしらせ
珈琲雑学1202

★★ 山陽新聞カルチャープラザ 津山教室 が開講します ★★来年2017年1月から、山陽新聞カルチャープラザ津山教室に講座:『コーヒーアート』が開講します。...

その他の講座紹介
ミニクリーマー

■ 講座内容:日経新聞『暮らしのワンポイント』で紹介した、ミニクリーマーで作るラテアートを講座で紹介し、ご自宅で簡単にカフェ気分を味わえる方法(秘伝)を提案し...

 
このプロの紹介記事
鳥取独自のモチーフを準備

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます(1/3)

エスプレッソに細かく泡立てたミルク(フォームドミルク)を注いで、模様や絵を描くコーヒーアート。鳥取市布勢でCOFFEEカルチャーIKEDAを開く主宰の池田修さんは、柔らかな手つきで、自在にミルクの泡を操る魔術師です。エスプレッソにミルクを注...

池田修プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

初心者でも入門しやすく、上級者も楽しめます

事務所名 : COFFEEカルチャーIKEDA
住所 : 鳥取県鳥取市布勢339―3 [地図]
TEL : 090-2639-8881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2639-8881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池田修(いけだおさむ)

COFFEEカルチャーIKEDA

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
★257コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学1/16『飲酒後に飲みたいコーヒー』
イメージ

★飲酒後に飲みたいおすすめのコーヒー飲み会の後にコーヒーが飲みたくなった経験はありませんか?騒がしい居...

[ 珈琲雑学 ]

★256コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学1/15『豆乳とコーヒーの効果』
イメージ

★豆乳とコーヒーの嬉しい効果コーヒーを嗜むときに、その飲み方は千差万別ですね。ブラックだけでなく砂糖の...

[ 珈琲雑学 ]

★255コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学1/14『相性抜群!和菓子とコーヒー』
イメージ

★実は相性抜群!和菓子とコーヒーの組み合わせクッキーやドーナツなどの洋菓子もいいけれど、時には煎餅や団子...

[ 珈琲雑学 ]

★254コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学1/13『豆の挽き方コーヒーメーカー編』
イメージ

★コーヒー豆の挽き方「コーヒーメーカー」の特徴自宅や職場でいつでも手軽にコーヒーを楽しむことができるのは...

[ 珈琲雑学 ]

★253コーヒーマイスターの知っておきたい珈琲雑学1/12『コモディティコーヒー』
イメージ

★コモディティコーヒーの概念とはコモディティコーヒーは、普段私たちが飲んでいるほとんどのコーヒーに当ては...

[ 珈琲雑学 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ