コラム

 公開日: 2017-06-03  最終更新日: 2017-06-18

◆タイルシリーズ第1弾◆外壁タイルとメンテナンスについて

 日頃からのご愛顧ありがとうございます。外壁診断士の加藤です。前回は、「基礎のひび割れ その補修の進め方」「業者に依頼する場合のポイント」についてご報告させていただきました。今回からはタイルについてご説明させていただきます。まず第1回目は、「外壁タイルの基本知識及びメンテナンス」についてご説明させていただきます。

①外壁タイルの特徴
 外壁タイルの家はどんな家なのか、そもそもタイルはどんな素材なのか、デメリットはないのか?などの外壁タイルに関する基本知識と特徴をご説明させていただきます。
人気再燃”外装材タイル”
①-1.外壁タイルの家は「耐久性」と「高級感」がある
 外壁タイルといえば、やはり他の建材には出せない「高級感」があります。他の建材とは違い、タイルが1枚ずつ重なっているので、重厚感を感じることができます。また、「耐久性」に優れています。劣化しにくいのはもちろんですが、高温で焼き固めたタイルはその硬さも特徴のひとつで、キズがつきにくく丈夫です。タイルは、土や石を約1300℃の高温で焼き固めたものです。元の素材の「土」「石」は、全く劣化せず永久的に残る材料ですので、タイル自体も耐久性に優れ、強い日差しや風や雨にさらされても変色や劣化がしにくいという特徴があります。また、吸水率が約1%と大変低く、外壁にとって大敵な「雨」から建物を守ることができます。また、寒冷地区では外壁材に染み込んだ水分が凍結して膨張し、外壁にひび割れや破損が生じることがありますが、吸水性の低いタイルではこのような被害の心配はほとんどありません。素材自体が耐久性に優れたものなので、建物自体も耐久性が非常に高くなります。

①-2.デメリットは「初期費用」
 デメリットはやはり初期費用です。耐久性が高い建材なので、やはり初期費用も高くなります。新築時、一般的なタイルを採用しても、1物件あたり約300万円以上の費用がかかります。外装材として一般的なサイディングを採用すると150万円程度ですので、サイディングと比べると施工2回分の費用がかかり、金額が大きいといえます。

①-3.耐震性についても問題なし
 耐震性について心配になる方も多いようですが、耐震テストにクリアしているものは安心できます。また、タイル自体は硬いため、破損してしまう心配はあまりありません。万が一破損してしまっても部分的に補修でき、他の建材よりも補修が簡単です。しかし、接着剤の役割をしている下地のモルタルは弾力性に欠けているので、建物の動きに追従できない可能性があります。モルタルが建物の動きを吸収できないと、タイルに負担がかかり、結果として浮きや剥がれが発生する恐れがあります。定期的に点検をおこない、確認することが大切です。

①-4.メンテナンスは本当に不要なのか?
 外壁タイルはメンテナンスが不要と思われている方もいるかもしれませんが、メンテナンスは必要です。タイル自体の耐久性は高くメンテナンスは基本的に必要ありませんが、タイル以外(付帯部や目地など)のメンテナンス費用としておよそ50万円程度は必要になります。ただし、正しい施工を行わないと施工不良で劣化症状があらわれ余計なメンテナンス費用がかかってしまいます。施工実績があり、信頼できる業者を選びましょう。

②外壁タイルでもメンテナンスは必要

 最初にお伝えいたしましたが外壁タイルでもメンテナンスは必要です。タイルそのものは耐久性が高く、長持ちしますが、接着面や目地の部分は劣化するため10年に1度はメンテナンスを行いましょう。

★他の建材に比べてメンテナンス費用が半額以下(50万円以下)
 外壁タイルは、非常に耐久性が高く、汚れ・色あせ・変色にも強いため、タイルそのものを交換するといったことは滅多にありません。しかし、タイル同士をつないでいる目地の部分(コーキング)は、劣化していくので10年を目安にメンテナンスが必要です。コーキング以外にも主流なのがモルタル目地で、もの部分の当然ながら、メンテナンスは家の大きさによって大きく異なりますが、目安として50万円程度です。具体的なメンテナンス項目としては、目地のコーキングの打ち直し、タイルの洗浄があげられます。他の建材も外壁タイル同様に10年に1度を目安にメンテナンスが必要です。他の建材の場合、塗り替えやひび割れ補修が必要になってくるため、だいたい100~150万円程度かかります。メンテナンスのタイミングは外壁タイルも他の建材も同様ですが、長い目で見ると外壁タイルのほうがコストを倍以上安く抑えることができます。

★例えばですが、同じ家に50年間済み続ける場合・・・
・築10年後・・
一般的な外装材(サイディング)の家を塗替え⇒1回目/140万円
外壁タイルの家をメンテナンス⇒1回目/50万円
*累計差額⇒90万円

・築20年後・・
一般的な外装材(サイディング)の家を塗替え⇒1回目/140万円
外壁タイルの家をメンテナンス⇒1回目/50万円
*累計差額⇒180万円

・築30年後・・
一般的な外装材(サイディング)の家を塗替え⇒1回目/140万円
外壁タイルの家をメンテナンス⇒1回目/50万円
*累計差額⇒270万円

・築40年後・・
一般的な外装材(サイディング)の家を塗替え⇒1回目/140万円
外壁タイルの家をメンテナンス⇒1回目/50万円
*累計差額⇒360万円

・築50年後・・
一般的な外装材(サイディング)の家を塗替え⇒1回目/140万円
外壁タイルの家をメンテナンス⇒1回目/50万円
*累計差額⇒450万円

 あくまでも劣化症状がひどくなかった場合の金額で塗装の金額自体も概算費用ではありますが、50年後のメンテナンス費用は450万円も差が出ることになります。サイディングを張り替えた場合、この差はもっと大きくなります。

③お手入れ方法と補修が必要な劣化症状

 タイル材は高耐久ではありますが、メンテナンスフリーではないという事をお伝えさせていただきましたが、実際のお手入れ方法を紹介させていただきます。どの建材でもお手入れをすることで外壁をよりキレイに保つことができますが、外壁タイルは耐久性が高く汚れにくい性質の為、他の建材よりも頻度は少なくてすみます。

③-1.基本的なお手入れは洗浄
 外壁タイルのお手入れは、汚れを水洗いする程度で十分です。外壁に水をかけ、洗車用などの柔らかいブラシやスポンジで汚れを落とします。水をかける際は、窓を閉めて室内に水が浸入しないように気をつけましょう。掃除をするタイミングは、汚れが目立ってきた時、年に1回程度で十分です。

③-2.タイル表面の白い汚れ
 タイル表面の白い汚れは「白華現象(エフロエッセンス)」と呼ばれるものです。タイルの接着面に隙間があり、その隙間から雨水が浸入することで、タイル裏面に施されたモルタルに含まれる水酸化カルシウムが溶け出し、それがタイル表面に流れ出てきたものです。稀塩酸で洗うと簡単に除去はできますが、しばらくするとまたあらわれます。また、自分で除去しようとせず、業者に頼んだほうが無難です。

③-3.タイルの浮き、剥がれ
 外壁タイルの剥離や落下は避けたいところです。実際、正しく施工されていれば滅多に剥離するものではありません。接着剤の質が上がった現代でタイルの施工不良は、経費削減による手抜き工事や経験不足の職人によるものがほとんどです。こちらは専門業者に定期点検で不具合がないか確認してもらうことが大切です。

③-4.ひび割れ・破損は業者へ相談
 外壁タイルの場合、劣化症状を目にすることは少ないかもしれません。タイル自体が劣化することはほぼありませんが、ひび割れや破損を見つけたらすぐに専門業者に相談してください。また、タイル表面の白い汚れやタイルの浮き・剥がれは施工不良又は強度低下の可能性が高いです。早めに専門業者に相談しましょう。

 以上、「外壁タイルの基本知識及びメンテナンス」について説明をさせていただきました。次回もタイルについて説明させていただきますが。内容は「どれが良いの?タイル∞サイディング∞モルタル」についてご説明させていただきます!乱文に最後までお付き合いをいただき ありがとうございました。



外装リフォームで
お客様の大切な家屋を保護いたします
フォーシンク出雲

窓まわりリフォームで
毎日の暮らしもっと快適に
MADOショップパートナー フォーシンク出雲

水まわりリフォームで
家屋の価値と性能を向上させて楽しい暮らしを実現しましょう
住宅リフォーム専門店 フォーシンク出雲

この記事を書いたプロ

株式会社フォーシンク [ホームページ]

エクステリアプランナー 加藤圭吾

島根県出雲市高岡町291番地1 [地図]
TEL:0853-22-7704

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様からの声
イメージ

弊社の大切な財産であります「お客様からの声」でございます。実際に工事をご依頼いただきました「お客様からの声」が我々にとって一番欲しい「情報」であり 非常に大...

求人情報
感謝感謝

求人情報ページをご覧いただき誠にありがとうございます!弊社代表の加藤圭吾です。突然ですが、今の仕事にワクワクしていますか?仕事の為の仕事になってい...

 
このプロの紹介記事
加藤圭吾 かとうけいご

山陰地方初の外壁診断士が最適なご提案(1/3)

 「建物は年月を経ると屋根や外壁が劣化します。塗装の目的は、美観を保つのはもちろんですが、一番重要なのは、建物の寿命を延ばし、雨漏りによる腐食など二次的被害を防ぐことです。不安に思われたら、まず、無料診断をお勧めします」。株式会社フォーシン...

加藤圭吾プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

住まいの困りごとをスピード解決します

会社名 : 株式会社フォーシンク
住所 : 島根県出雲市高岡町291番地1 [地図]
TEL : 0853-22-7704

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0853-22-7704

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤圭吾(かとうけいご)

株式会社フォーシンク

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
窯業系外壁サイディングボードのメンテナンス方法について
イメージ

 日頃からのご愛顧ありがとうございます。外壁診断士の加藤です。前回は、「外壁サイディングボードの種類・施...

[ ご提案 ]

外壁サイディングボードの◆種類・施工方法&費用◆について
イメージ

 日頃からのご愛顧ありがとうございます。外壁診断士の加藤です。前回は、「窯業系サイディングの特徴」につい...

[ ご報告 ]

安定した人気を誇る外壁材「窯業系サイディングの特徴や種類」について
イメージ

 日頃からのご愛顧ありがとうございます。外壁診断士の加藤です。前回は、外壁をタイルでリフォームした場合の工...

[ ご報告 ]

◆タイル第4弾◆外壁をタイルでリフォームした場合の工事費用
イメージ

 日頃からのご愛顧ありがとうございます。外壁診断士の加藤です。前回は、「タイルで外壁リフォームする場合の素...

[ ご報告 ]

◆タイル第3弾◆タイルで外壁リフォームする場合の素材選びと施工方法
イメージ

 日頃からのご愛顧ありがとうございます。外壁診断士の加藤です。前回は、「どれが良いの?タイル∞サイディング∞...

[ ご提案 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ