>   >   >   >   >   >  コラム詳細

コラム

 公開日: 2011-04-09 

だるさや落ち込み



春はよい季節なのですが、辛い時季になる人も多いものです。
本来春のからだは、冬から変わり活発になっていきますが逆にだるさや落ち込みが出るのには、理由があります。

きっかけは、外部からも内面からもいろいろでしょう。

整体では、精神的な部分と身体が 今の状態を現しているとみます。
例えばだるさにもいろいろとありますが、頭に循環が上がっているのか?とか 落ち込みでは、胸が硬くなっていたり自律神経を現すポイントはどうか?など その他にも、だるさや落ち込みの状態になるべくしてなった身体があるはずです。

もちろん、精神的な部分から立ち直ることも可能でしょうが、身体がついてこないので堂々巡りをされるのではないでしょうか。

まずは、身体ありきと考えてもよいです。そのうえで、身体の範囲に精神的(潜在的)問題が一緒にあるということがいえます。結局、精神と肉体は影響しあう同じ問題だということになります。

だるさや落ち込みは我慢しても、よい方向へはいきません。当院では、その場限りの癒しとか安心とかではなく身体と心を切り替えることができる療法です。

ご自宅でできるアドバイスもありますのでご相談ください。(状態により違いますので、ここでは控えておきます)

この記事を書いたプロ

かしま整体 [ホームページ]

整体師 鹿島篤

島根県松江市北田町71‐22 [地図]
TEL:0852-25-3738

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

★女性 20歳代  保育士ネットで調べて来させて頂きました。日頃から疲れが溜まってきたなぁと思うと肩こりや全身疲労を感じ、頭痛があったりと悩んでいました。他の...

よくある質問?
施術料金保障

Q.料金はいくらですか?A. ●初診料 2,000円  ●整体操法料  小学生まで 4,000円 大学生まで 5,000円 大人(一般) ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
After Mago(アフターマーゴ)・鹿島篤氏

整体を通じて、お客様が持つ本来の元気を引き出します!(1/3)

  島根県松江市内の閑静な住宅街にたたずむ整体のお店、「かしま整体」。絵本作家よしとさんが描かれた、シカのイラストの看板が目印です。平成28年12月に新築移転された整体のお店は和の雰囲気をベースに厳かな空間に仕上げられています。体の痛みや不...

鹿島篤プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

会社名 : かしま整体
住所 : 島根県松江市北田町71‐22 [地図]
TEL : 0852-25-3738

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0852-25-3738

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鹿島篤(かしまあつし)

かしま整体

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

鹿島さんのお話に勇気付けられました

友人の紹介で通い始め、ここしばらくお世話になっています。...

T.K
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
良い身体とは?

こんにちは、かしま整体です。ここのところ日が暮れるのが、随分と遅くなってきましたね。そして一年も半分とな...

[ からだ ]

動作確認!

こんにちは、かしま整体です。梅雨に入って、 蒸し蒸しですね。温度差もあります、体調には気をつけましょう!...

[ からだ ]

寝具について

本日、当院定休日にて、普段後回しにしていた自宅の書類整理、不要物処理を朝からコツコツとやってみました。長年...

[ 生活習慣 ]

整体な身体の読み

5月連休明けて、皆さま普段の生活に戻られておられていると思いますが、お疲れ残っていませんか?私も整体勉強の...

[ からだ ]

GWのお知らせ

早いもので、GW突入になりますね!当院は5月2日から5日まで休業いたします。この間は、毎年恒例の東京にて整...

[ お知らせ・日記 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ