コラム

 公開日: 2014-10-05 

9. 外壁材は湿式工法より乾式工法

外壁は屋根と同じように、雨、雪、火災、風、紫外線などから私たちの命を守るとともに、建物本体の寿命にもかかわる
大切な部位です。
それとともに、建物の印象、デザインを左右しますね。

コストの面からみたらどうでしょうか?
外壁の材料には、○ モルタル、 ○ サイディング、 ○ タイル、 ○ コンクリート、 ○ ALC板、 ○ 板壁 など
さまざまな材料がありますが、大きく分けて 湿式工法と乾式工法とに分かれます。
大ざっぱに言えば 湿式工法は左官工事、コンクリートを用いる水分を使用する工法。
乾式工法は、釘やボルト、ネジなどを用いて取り付ける工法です。

一般的に、乾式工法は湿式工法に比べて工期が短く施工性が高いため、最近ではサイディングなど、工場生産された
製品を使うことが多くなっています。
湿式工法は、材料を水で溶いて塗り固めていく工法で、材料の配合や施工方法などに専門的な技が必要になってきます。つまり、職人の技術よって仕上がりが大きく左右されます。

乾式工法は平均的に湿式工法より価格を抑えることができることが多いです。

この記事を書いたプロ

有限会社安達建築設計事務所 [ホームページ]

一級建築士 吉田成年

鳥取県米子市道笑町2丁目172 [地図]
TEL:0859-33-7808

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
CUTE紹介
イメージ

キッチンの奥は趣味室です。

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
安達建築設計事務所の代表取締役、吉田成年氏

家本来の機能を追求、無駄を排除し低価格実現(1/3)

「若い世代の人たちにとってマイホームは夢であり、建てたとしても重くて長いローンに苦しむ場合が多い。家族が暮らすのに適正な広さの家を今住んでいるアパートの家賃並みのローンで建てることも選択肢の一つではないでしょうか」と語る安達建築設計事務所(...

吉田成年プロに相談してみよう!

山陰中央新報社 マイベストプロ

アパートの家賃並みのローンでムクのマイホームを実現します

会社名 : 有限会社安達建築設計事務所
住所 : 鳥取県米子市道笑町2丁目172 [地図]
TEL : 0859-33-7808

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0859-33-7808

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田成年(よしだなりとし)

有限会社安達建築設計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

CUTEの決め手

全部が無垢の家ってあまりなかったんですね。そこのところを...

N様
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
はじめまして
CUTE

米子市で建築設計事務所を経営しています吉田成年(よしだなりとし)です。これまで沢山の住宅の設計をしてきま...

土地選び 『住宅の地盤』
イメージ

 住宅を新築する時、いったい全部でいくらくらいかかるんだろうってお考えになると思います。建物の費用だけで...

[ 土地選び ]

土地選び 『土地の環境』
イメージ

お客様のためによく土地探しをします。新しい分譲地。 これまで畑だったりした場所が10区画くらいの分譲地にな...

[ 土地選び ]

土地選び  『計画上の場所』
イメージ

土地選びの注意点住宅を建てる時、現在所有している土地に住宅を建てる場合を除いて、土地探しからされること...

[ 土地選び ]

安くていい家

ほとんどの人が安くていい家を建てたいと考えておられると思います。いくら安くても、地震に対して弱かったり、...

[ 家づくり ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ